<売れる文章を書く方法 | 株式会社ブルーム

news ニュース

2016/04/11 月曜日

売れる文章を書く方法

自宅より

「安倍!」

かなりデカい、怒鳴り声で起こされました。

隣で寝ていた奥さんが、
何か夢を見ていたようで

「どうした?」と聞いたら、

「1人でシェルターで逃げやがった」
と言っていました。

起きて来たら詳しく聞いてみようと思います。

昨日は、とても暖かくて、天気も良くて気持ちが良い日でしたね。

そんな土曜日は、誰もいない事務所に1人
コモッって「写経」をしていました。

写経とは、仏教の経文を書き写す事なのですが、
僕の場合は、お経では無くて、

セールスライティングの文章を
書き写します。

これは、ブログや、メルマガ等で

・文章がなかなか書けない
・何書いて良いか分からない
・もっとうまく書きたい

と言った悩みを解決する為の「特効薬」が
実は、上手い人の文章を下記写す事。

と言う事が、ライティング本に
書いていたので、それを実践しています。

結論から言いますと、写経はとても
効果的だと思います。

いい文章を「読んで覚えよう」とするより、
書き写した方が、何倍も身についている
「感覚」があります。

身体で覚えるという事ですね。

ボクサーになりたい!と思って動画見ても
絶対になれないのと一緒です。

ただ、普段文字を書かない僕にとっては
かなり苦行。

単純に腕が疲れて来て、集中力もそんなに
続かないです。

写経にどれぐらい時間がかかるかと言うと、
文字数にもよりますし、各スピードにもよるのですが、

ざっくり、1,000文字で30分ぐらいです。

僕の場合は、タイピングの倍ぐらいの
時間がかかります。

僕のメルマガは、毎日1000文字ぐらいです。
伝えたい事を、簡潔に書こうとすると、

最低でも800文字から1000文字ぐらい
になります。

ですので、もし写経にトライされる場合は、
最初は1000文字ぐらいの量
から始めると良いかもしれません。

どんな文章を書き写すかって?

自分が、良いと思う文章、
この人の文章みたいな事を書きたい。
という文章で良いと思います。

僕が昨日写経したのは、
稼ぐ言葉の法則――「新・PASONAの法則」と売れる公式41
という本の中に書かれていた、

新・PASONAの法則を使って神田さんが書いた、「セールスレター」を写しました。

俺は試合がしたいんだよ。
そんな地味な事やってらんねーよ。
早くリングに立たせろよ!

という武闘派の声が聞こえて来そうですが、
基本的な筋肉がついていないと、
試合では勝てません。

写経とは、筋トレみたいなものだと思います。

興味がある方は、ご一報頂ければ
テンプレ差し上げます。

<追伸>
写経の時間が取れません。
という忙しいあなたは、
「音読」がオススメです。

ちなみに所要時間は、
1000文字を読むと約3分で読めます。

それでも、30分かけて10回読むより
30分かけて、1回写経した方が
身に着きそうです。

<オススメ>
新PASONAの法則解説
https://bloominc.jp/news/20160330/

<今日のひとこと>
「写せ!写すんだジョー」

記事が参考になったり、面白ければ、
クリックお願いします。
http://clap.mag2.com/putrioprow

クリックだけでも嬉しいですが、
フォームもついていますので、
リクエストやご質問等、コメント頂けますと幸いです。

────────────────────
【メルマガ紹介のお願いです】

メルマガ会員募集中です。
ご友人、お取引先様に是非ご紹介頂けますと嬉しいです。
下記URLを送ってください ↓
https://bloominc.jp/nl/
────────────────────