<思わずクリックしてしまうFB広告のコピーとは? | 株式会社ブルーム

news ニュース

2019/12/06 金曜日

思わずクリックしてしまうFB広告のコピーとは?

自宅より

 
時代はFB広告ですね~
凄いですよね!

 
重要になってくるのが
やはり「キャッチコピー」です。

 
一目で、「おっ、何だろう?」

 
と言う注意を引いて、クリックさせる
広告文と写真が、生命線です。

 
そこで、自称コピーライターのNAKAYAMAが
思わずクリックしてしまったFB広告を紹介します。

 
「スーツがつまらない服になったのはスーツカンパニーのせいだ」

 
スーツカンパニーさんの広告です。
「え?どう言う事?」と思って続きが見たくなります。

https://www.facebook.com/creativestudioOUWN/posts/2455784541124783/

 
「42歳。転職で、妻と子供の笑顔が増えた。」

 
エンジャパンさんの「ミドルの転職」と言う転職支援サービスの広告です。

仕事がハードで、家族との時間を過ごせていない。
というビジネスマンにもろに刺さりますよね。

 
ポイントは42歳。と言うコピーです。
おそらく、広告見る人に合わせて、年齢を変えているハズです。

つまり42歳のNAKAYAMAにピンポイントでこの42歳のバナーを出稿しているのです。

 
バナーの飛び先 https://mid-tenshoku.com/html/pr/ad/pc/basic/008/

 
「みんなでランチに行けた」

 
フォンデスクと言うサービスのコピーです。

 
フォンデスクはオフィスにかかってくる電話を代わりに受けて、
内容を、チャット等でお知らせしてくれるサービスです。

 
つまり、電話受付代行です。

 
営業の電話に時間を奪われたくない。

 
と言う会社さんが使う事で、
集中して仕事ができて、
短縮できた時間で、みんなでランチに行ける。

 
と言うベネフィットを上手に訴求した
とてもいいコピーだと思います。

 
「金欠でも、オリジナルTシャツ作れますよ。」

 
オリジナルプリント.jpさんのバナー広告です。

 
CVボタンが「金欠なので信じてみる」
と言うコピーです。

 
CVボタンのコピーもとても重要です。

 
よく見かける「お問い合わせ」
と言うコピーじゃクリックされません。

 
次で最後です。

 
「この腕時計は、時間がわかる(だけじゃない)。」

 
Apple ウオッチの広告のコピーです。
()カッコの使い方が、絶妙だと思いませんか?

 
え?そんな事無い?
(NAKAYAMAだけじゃないハズ)

 
コピーには、
「サービスから得られるもの」

 
を書くと良いと思います。

「転職で、家族の笑顔が増えた」

「みんなでランチに行けた」
など

得られる「明るい未来」を訴求すると、
良いと思います。

 
<P.S.>

それと、「自分の事だ」と思わせる事が
できれば最高です。

 
<オススメ>

営業電話にウンザリしている方に朗報です。
https://www.fondesk.jp/

 
<最後に一言>

今日は家族で、おじいちゃんとおばあちゃんと出かけます。
記事が参考になったり、面白ければ、
クリックお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓

https://abptu.biz/brd/archives/zivgup.html

↑↑↑↑↑↑↑↑

クリックだけでも嬉しいですが、
フォームもついていますので、
リクエストやご質問等、コメント頂けますと幸いです。

 
────────────────────

【紹介時のご注意点】

当メルマガを読んで頂くのは本当に嬉しいので
会員募集中なのですが、
折角、ご友人、お取引先様に是非ご紹介頂いても
中には、

「ちーっとも面白く無い」
と思う方もいると思います。

ですので、
「全然面白く無いけど、可愛そうだから時間ある時に読んであげて」
と添えて、下記URLをお送り頂ければと思います。

↓↓↓↓↓↓↓↓

https://abptu.biz/brd/archives/opzdkp.html

────────────────────

 
読んで頂きまして、有難うございました。