<「営業」では無くてマーケターならどうかな? | 株式会社ブルーム

news ニュース

2019/12/02 月曜日

「営業」では無くてマーケターならどうかな?

自宅より

 
昨日は赤中サッカーでした。
 

当日の朝、初参加希望の方から
電話がありました。

 
とても丁寧な口調で
しっかり話す方だったのですが、

 
実際グラウンドで初めて会ってみると、
両耳ピアスの中学生でした。

 
今どきの中学生は、凄いなと思いましたよ。

 
参加者の最年長の方が69歳だったので、
15歳の中学生との年齢差、約55歳差の方が

 
同じグラウンドでゲームするのが面白いです。

 
一番多いのは、30代の会社員が多いですので
ゲームの間に、色々な会社の話を聞けるのも面白いです。

 
例えば、今はどこの会社も
「人材不足」と言う話が出ました。

 
介護職の選手は、人材紹介会社に依頼して、
職員さんを募集しているそうなのですが、

 
採用が決まって、年収の30%相当の紹介会社への
コミッションを払っても、

 
1年も持たずに辞めてしまうそうです。

 
「コミッション貧乏だよ」

 
なんて、言っていました。

 
「自分で人材紹介やろうかな」

 
とも言ってましたよ。

 
それと、「営業職」は残念ながら、
本当に不人気のようです。

 
まあ、それはそうですよね。

 
例えば、介護の人材紹介会社の
営業マンとかは

 
介護事業者に「高っ!」とか言われてそうですもんね。

 
よく聞く話なのですが、
営業職を募集する企業は、

 
かなり「条件」を緩くしているそうです。

 
例えば、
・新規営業無し
・ルート営業(既存顧客)のみ
・直行直帰OK

 
なんて、募集をかけているそうです。(でも来ない・・・)

 
そこで、NAKAYAMAナイスアイディアを
思いついちゃいました。

 
営業では無く「マーケター」を募集するのは如何でしょうか?

 
マーケターはかなり人気の職業のようです。

どうも、よく理解せずに入社してきて、

「思っていたのと違う」
 

と言う理由で辞めてしまう人が多いそうです。

 
でも、もともと営業職だった人は
マーケティングに向いている(人が多い)ので、

 
営業で活躍出来なくても、マーケターとして
大活躍する可能性は大いにあると思います。
 

そして、マーケティングにより、
営業に頼らず、「誰にでも売れる」と言う商品づくりや、販売手法にすれば、

 
営業職を取らなくても良いかもしれません。

 
NAKAYAMAはナイスアイディアだと
思いましたがあなたはどう思いますか?

 
<P.S.>
必ずしも、「良い人材」を採用しなくても良いと思います。
良い人材は、市場に出ない(少ない)ハズなので、
 

良くない人材でも活躍できるようする。
と言う方が、懸命なのかもしれません。

 
何より、属人的な組織では無くて
会社組織として強くなる方法のように思います。

 
<オススメ>

人事も営業の人やった方が良いと思います。
https://careergarden.jp/marketing/tekisei/

 
<最後に一言>

マーケターの仕事は地味です。
 
記事が参考になったり、面白ければ、
クリックお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓

https://abptu.biz/brd/archives/zivgup.html

↑↑↑↑↑↑↑↑

クリックだけでも嬉しいですが、
フォームもついていますので、
リクエストやご質問等、コメント頂けますと幸いです。

 
────────────────────
 
【紹介時のご注意点】

当メルマガを読んで頂くのは本当に嬉しいので
会員募集中なのですが、
折角、ご友人、お取引先様に是非ご紹介頂いても
中には、

「ちーっとも面白く無い」
と思う方もいると思います。

ですので、
「全然面白く無いけど、可愛そうだから時間ある時に読んであげて」
と添えて、下記URLをお送り頂ければと思います。

↓↓↓↓↓↓↓↓

https://abptu.biz/brd/archives/opzdkp.html

────────────────────
 

読んで頂きまして、有難うございました。