<ホームランの打ち方 | 株式会社ブルーム

news ニュース

2019/08/24 土曜日

ホームランの打ち方

事務所より

 
朝、息子達を自転車で

保育園に連れて行く途中、

 
長男がこんな事を言うのです。

「もう夏は終りだね」

 
最近、気がついていましたが

気づかないようにしていました。

 
明らかに日が短くなって、

朝夕は、ちょっと涼しくなってきている事を・・・

 
ほら、僕って夏が大好きじゃないですか。

 
夏の甲子園が終わった瞬間、

秋を感じる今のこの時期が

 
たまらなく落ち込むのです。

正直、仕事にも悪影響が出ています。

 
モチベーションが上がらず、ため息が止まらないのです。

でも、そんな事も言ってられません。

 
週末日曜日は、野球の試合があるのです。

 
なんとか気持ちを鼓舞して、

決戦に挑まないといけません。

 
ここだけの話なのですが、

NAKAYAMA、ホームランしか狙っていません。

 
ホームランを狙うのは、

実はタブーとされています。

 
ホームランを狙うと、

大振りになって、

 
三振かフライでアウトになる

確率が高くなるからです。

 
つまり、ホームランを狙うと言うことは、

リスクが高い行為なので

 
チームプレイを重んじる

日本の野球では、ホームランを狙うのは、

 
One for all、all for one

「一人はみんなのために、みんなは一人のために」

 
に反するのです。

 
バッティングには、

「ダウンスイング」と「アッパースイング」

 
の2つがあります。

 
ダウンスイングは「上から下」に

振るので、打つとゴロになる可能性が高いです。

 
アッパースイングは、

「下から上」に振るので、打つとフライになる可能性が高いです。

 
一般的には、ダウンスイングをするのが

常識とされています。

 
理由としては、

ゴロを打った方が、フライに比べて

 
相手のエラーの確率が増えて、

「出塁率」が増えるからです。

 
NAKAYAMAはホームランを

打ちたいので、

 
より遠くに飛ばすには、

常識と言われる、「ダウンスイング」がいいのか?

 
それとも「アッパースイング」がいいのか?

 
営業の移動中に Youtubeで、

 
元プロ野球選手の落合さんの

「バッティング論」をずっと聞いたり

 
「ホームラン 打ち方」

で検索したりして、徹底的に調べました。

 
すると、ホームランを打つには

2つの方法がある事が分かりました。

 
【その1】
アッパースイングをする。

 
【その2】
アッパーでもダウンでもなく、

平行にスイングして、ボールの下を打つ。

 
と言う打ち方をする事で、

「ホームラン率」が上がるようです。

 
つまり、常識と言われている

ダウンスイングでは、

 
ホームラン率は低いのです。

 
僕たちは、「出塁率」を上げたいのか?

それとも「ホームラン率」を上げたいのか?

 
自分で決めて、打ち方を自分で調べないといけません。

 
まわりの常識は、

あなたにとっては非常識かもしれませんよ。

 
<P.S.>

週末日曜日に野球の試合があるのですが、

特に誘われてません。

 
<オススメ>

落合博満 ホームランの打ち方

 
<最後に一言>

夢にときめけ 明日にきらめけ。

  
記事が参考になったり、面白ければ、
クリックお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓

https://abaql.biz/brd/archives/zivgup.html

↑↑↑↑↑↑↑↑

クリックだけでも嬉しいですが、
フォームもついていますので、
リクエストやご質問等、コメント頂けますと幸いです。

────────────────────

【メルマガ紹介のお願いです】

メルマガ会員募集中です。
ご友人、お取引先様に是非ご紹介頂けますと嬉しいです。
下記URLをお送り頂ければと思います。

↓↓↓↓↓↓↓↓

https://abaql.biz/brd/archives/opzdkp.html

────────────────────

読んで頂きまして、有難うございました。