<価格を落とさず、購買意欲を刺激する裏ワザとは? | 株式会社ブルーム

news ニュース

2019/08/21 水曜日

価格を落とさず、購買意欲を刺激する裏ワザとは?

事務所より

 
今朝のテレビで

Tシャツの「洗濯表示タグ」に

 
「どうせお母さんが洗うんでしょ」

というメッセージがプリントされていた。

 
というニュースを見ました。

 
yahooニュースでも取り上げられていたようです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190817-11000242-maidonans-life

 
これはユニークですよね。

 
「洗濯の表示タグ」は

普通あまり見る機会が無いと思います。

 
気づかないような箇所に書く、と言うのが、

遊び心があって、良いと思いませんか?

 
残念ながら、このTシャツの製造メーカーは、

現在は無いようですが、

 
ファンになってしまいました。

 
もしまだ会社があるようでしたら、

すぐにネットで調べて、

 
「他の商品には、どんな事が書かれているんだろう?」

「買ってみたい!」

 
と思う人も多いと思います。

 
「洗濯の表示タグ」はニッチ過ぎますが、

他の商品やサービスでも、真似出来たりしませんかね?

 
例えば、同業他社が多い商品や、サービスに

こういった「ユニーク」な仕掛けを作ると、

 
それだけで、「差別化」できるように思います。

 
ユニーク=面白い と思う人も多いかもしれませんが、

実は、「独特」とか、「独自」という意味です。

 
一応、Google先生に聞いてみると、

「同じものが他に無いさま」と書いてました。

 
「ユニーク」の反対言葉は、「ノーマル」なんですね。

つまり、「普通」です。

 
と言うことはですよ。

 
「ユニーク」ニアイコール「アブノーマル」

と言うことになりませんか?

 
ノーマルな商品、サービスだと、

価格勝負になってしまうと思います。

 
ところが、「アブノーマル」な

商品、サービスはあまり無いので希少価値が高く、

 
高値がつく傾向があると思います。

 
ウフっ

 
アハハハ

うわっはっはー

 

賢い僕たちは気づいてしまいましたね。

 
アブノーマルになれば、

安売りしないで済むと言うことです。

 
あー可笑しい。

 
さて、僕たちのサービスの

「洗濯表示タグ」はどこですか?

 
なんて書いてやりましょうか。

 
意外とLPのキャッチコピーに

「どうせお母さんが洗うんでしょ」

 
と堂々と書いてしまうと、

【注意を引くこと】に成功するかもしれませんね。

 

<P.S>
エンジニアさんの間で、ユニークと言えば

「重複しないデーター」と言う意味で使うと思います。

 
マーケターの方は、アナリティクスの

「ユニークユーザー」の意味で、

 
ユニークを「アクセスしてきた人数」

と言う使い方をします。

 
アブノーマルな人数では無いですね。

 
<オススメ>

ビジネス用語でもあるんですね。

https://career-picks.com/business-yougo/unique/

 
<最後に一言>

Ahahahahaha!
 
 

記事が参考になったり、面白ければ、
クリックお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓

https://abaql.biz/brd/archives/zivgup.html

↑↑↑↑↑↑↑↑

クリックだけでも嬉しいですが、
フォームもついていますので、
リクエストやご質問等、コメント頂けますと幸いです。

────────────────────

【メルマガ紹介のお願いです】

メルマガ会員募集中です。
ご友人、お取引先様に是非ご紹介頂けますと嬉しいです。
下記URLをお送り頂ければと思います。

↓↓↓↓↓↓↓↓

https://abaql.biz/brd/archives/opzdkp.html

────────────────────

読んで頂きまして、有難うございました。