<【日本海でマーケティング】失敗するパターン | 株式会社ブルーム

news ニュース

2019/08/13 火曜日

【日本海でマーケティング】失敗するパターン

日本海より

 
昨日の釣りが爆釣だったので、

調子に乗って、明日も行こうと企んでいます。

 
正直、日中仕事して、

朝4時起きは眠たくて仕方が無いのですが、

 
睡眠欲を上回るのが、釣りの楽しさです。

 
「あっ!」もしかしたら、

こんな仕掛けを作ったら、他の魚も釣れるかも。

 
とか、

 
違う場所(釣り場)に行ってみようか。

 
なんて、考え始めている自分がいます。

想像している時は楽しいですが、

 
これが典型的な失敗するパターンです。

 
折角の成功体験があるのだから、

しばらくは、それだけやっていればいいのに、

 
調子に乗って、

「オリジナル」感を出し始めるんですよね。

 
気づいたら、もともとうまく行っていた

施策からは大きくかけ離れていて、

 
惨敗する事になります。

 
これは、ただ「楽しみたいのか?」

それとも「勝ちたいのか?」

 
と言う1番最初の「志」を定める必要があると思います。

 
楽しみたいのであれば、

誰の言う事も聞かず、フリースタイルで楽しんで

 
長靴釣っていればいいと思います。

長靴釣り上げた時は盛り上がるし、ネタにもなるでしょう。

 
でも、もし「勝ちたい」なら、

「勝つ型」を忠実に守る必要があります。

 
ゴルフにナイスショットを打つフォームがあるように、

釣りにも型があります。

 
なので、本気で勝ちたい。

と思ったら、定跡通りフィッシングするべきなのです。

 
定跡通とは、

・魚のいる場所で

・魚がいる時間に

・魚が食べる仕掛けをする

です。

 
そして、マーケティングにも

恐ろしいほど型通りの「フォーム」が存在します。

 
「他社がやっていない事、誰もやっていない事をやろう。」

という気持ちはよくわかりますが、

 
まずは、「型」をマスターしてからでも

遅く無いと思います。

 
これがわかるまで、

NAKAYAMAも相当、失敗を重ねてきました。

 
たまにゴルフ場で

スゲーダサい打ち方している人いません?

 
なんか、ガニ股で、

片足あげて打ってるおっさんです。

 
僕です。。

<P.S.>

水天宮に住んでいた時、

隅田川をまたぐ「清洲橋」の上から釣り糸を垂らして

通行人に笑われていました。

「いつか大物を釣り上げてやる」

と思いながら、連日釣りに勤しんでいましたが、

結局1匹も釣れませんでした。

小さい女の子が、お母さんに

「ここお魚さんいるの?」

と聞いたら

お母さんは

「しっ、見ちゃダメ!」

と足早に去って行きました。

 
<オススメ>
ユーザーに会いに行きニーズを掴むというのが素晴らしいと思います。

https://note.mu/kotakurihara/n/nb253550b9d1c

 
<最後に一言>

あの車を追え
 
記事が参考になったり、面白ければ、
クリックお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓

https://abaql.biz/brd/archives/zivgup.html

↑↑↑↑↑↑↑↑

クリックだけでも嬉しいですが、
フォームもついていますので、
リクエストやご質問等、コメント頂けますと幸いです。

 
────────────────────

【メルマガ紹介のお願いです】

メルマガ会員募集中です。
ご友人、お取引先様に是非ご紹介頂けますと嬉しいです。
下記URLをお送り頂ければと思います。

↓↓↓↓↓↓↓↓

https://abaql.biz/brd/archives/opzdkp.html
────────────────────

読んで頂きまして、有難うございました。