<最短で上達する方法 | 株式会社ブルーム

news ニュース

2019/06/24 月曜日

最短で上達する方法

事務所より

 

最近、バッティングセンターにハマっています。

 

今週末に野球の試合があるので、

練習の為に行き始めました。

 

通っていると、最初はあまりバットに当たらなかったのに

少しずつナイスバッティングが増えてきて

 

今では、130kmもだいぶ打てるようになってきました。

 

上達している実感が、凄く楽しいです。

 

定時と同時に

素早く事務所を飛び出し、

 

家に帰って、子供たちを連れて

バッティングセンターへ向かいます。

 

すると、平日でも結構混んでいるんです。

 

野球少年を連れた、主婦の方もいますが、

スーツ着ている仕事帰りの人もいます。

 

マイグローブをつけてる本格派です。

(思わず、「仕事しろよ」と言いたくなります。)

 

NAKAYAMAを熱くさせているのが、

「実践」という機能です。

 

実践とは、「球の速さを選択出来る機械」

についている、ボタンです。

 

この実践ボタンを押すと、

 

ストレートだけでは無く、変化球も織り交ぜて

ボールが飛んでくるのです。

 

文字通り、「実践」の練習が出来ます。

試合では、当然、ストレートだけではありません。

 

どんな球を投げてくるか?わかりませんから。

 

この「実践」ボタンを押すと、

急に難易度が上がります。

 

速球の後の変化球が、特に難しいのですが、

たまに上手く打てたりすると、とても嬉しいです。

 

想像して欲しい。中年男性が汗だくで、

小さくガッツポーズをとっている姿を。

(小声で、「よっしゃ」と言ってます。)

 

面白いのが、

難易度が高い事に挑戦していると、

 

いつの間にか、上達しています。

 

「実践」ボタンを押さないで、

ストレートだけの時は、

 

130kmをバコバコ打てるようになりました。

 

変化球が来ないとわかっているので、

楽勝です。

 

でも、思い起こすと最初は

130kmなんて、カスリもしませんでした。

 

まあ、草野球で130km投げるピッチャーは

ほとんどいませんから。

 

週末はNAKAYAMAが

新聞各社を賑わせると思いますよ。

 

その前に、草野球に誘われていませんけどね。

開催される場所は、知っているので無理やり入れてもらおうと思います。

 

<P.S.>

練習は大事ですが、

実践の経験に勝るものはありません。

 

さっさと実践する事が、

もっともいい練習になると思います。

 

それと、人に教えるのもいい練習になります。

 

息子に「アゴをひいて、もっとボールを良く見て」

と言っています。

 

まるで自分に言い聞かせているかのようです。

 

<オススメ>

打てるイメージを持つ事も大事です。

https://forbesjapan.com/articles/detail/21523

 

<今日の一言>

実践ボタンを押せ

 
 
記事が参考になったり、面白ければ、
クリックお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓

https://abaql.biz/brd/archives/zivgup.html

↑↑↑↑↑↑↑↑

クリックだけでも嬉しいですが、
フォームもついていますので、
リクエストやご質問等、コメント頂けますと幸いです。

 

────────────────────

【メルマガ紹介のお願いです】

メルマガ会員募集中です。
ご友人、お取引先様に是非ご紹介頂けますと嬉しいです。
下記URLをお送り頂ければと思います。

↓↓↓↓↓↓↓↓
https://abaql.biz/brd/archives/opzdkp.html

────────────────────

読んで頂きまして、有難うございました。