<客単価を上げる手法「シャンパンタワー作戦」  | 株式会社ブルーム

news ニュース

2019/03/22 金曜日

客単価を上げる手法「シャンパンタワー作戦」 

事務所より

 
カンブリア宮殿で見たのですが、

草津温泉の人気が、凄い事になっているそうです。

 
近隣のホテルは稼働率9割を超えて、

料金の高い部屋から、予約で埋まっていくそうです。

 
そんな、集客力を誇る草津温泉ですが、

10年前は、どん底にいたとの事。

 
バブル崩壊以降、観光客は減り続け、

大型ホテルは次々に廃業。

 
建物は取り壊されて、

虫食いのように空き地が広がっていた。。

 
そして、その空地を駐車場にするので、

街の景観は損なわれる。。

 
デフレスパイラルとはこのことです。

 
草津町の借金はMAXで60億以上。

町は危機的な状況にあったそうです。

 
そんなどん底から、どのようにV字回復し、

現在の人気を築いたのか?

 
課題は当然、集客なのですが、

この時の町長さんの、戦略がスゴい。

 
その名も、「シャンパンタワー作戦」です。

 
シャンパンタワーの一番上からシャンパンを注ぐと、

全部のグラスに注ぐ事が出来るイメージです。

 
草津の場合は、「湯畑」に資金を投じて、

老朽化した箇所をリニューアルしました。

 
東京駅のイルミネーションを担当したデザイナーさんに依頼して、

夜は、湯畑周辺をライトアップされるようにしました。

 
そして、周辺の景観を汚していた、回りの空き地に、

綺麗な日帰り温泉を作りました。

 
つまり、シャンパンの一番上のグラスを

「湯畑」にして、

そこにシャンパン(資金)を集中的に注いだのです。

 
この作戦で少しずつお客さんが、集まり始めると、

周辺の旅館や、ホテルが、

 
「綺麗にすれば、お客が来る」

という事で、

リニューアルをし始めたそうです。

そして、ますます町の景観が良くなり、

お客様も増えるという

インフレスパイラルが起こったそうです。

・一点集中する。

・綺麗にする

これが、草津温泉から学ぶ、経営術です。

 

これをする事で、町全体が潤った。

と言う成功事例です。

 
お客の「質」が変わったそうです。

女性が増えたり、客単価が上がったり。

 
P.S.

復活の軌跡は当然、順風満帆では無く、

町長のシャンパンタワー作戦に反対する

「ジモティー」も多かったそうです。

 
シャンパンの一番上(中心街)ばっかり、

シャンパン(資金)を注いでズルい。

 
という声も上がったりしたそうですが、

 
町長はどんな反対にも、断固として、

シャンパンタワー作戦を決行し続けたそうです。

 
<オススメ>

行った事ないので、今度行こうと思います。

https://www.kusatsu-onsen.ne.jp/onsen/

 
<今日のひとこと>

どんな反対があってもやりきる
記事が参考になったり、面白ければ、
クリックお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓

https://abaql.biz/brd/archives/zivgup.html

↑↑↑↑↑↑↑↑

クリックだけでも嬉しいですが、
フォームもついていますので、
リクエストやご質問等、コメント頂けますと幸いです。

 
────────────────────

【メルマガ紹介のお願いです】

メルマガ会員募集中です。
ご友人、お取引先様に是非ご紹介頂けますと嬉しいです。
下記URLをお送り頂ければと思います。

↓↓↓↓↓↓↓↓

https://abaql.biz/brd/archives/opzdkp.html

────────────────────

読んで頂きまして、有難うございました。