<ボトルネックを無くすテク | 株式会社ブルーム

news ニュース

2019/02/09 土曜日

ボトルネックを無くすテク

事務所より

 

家族で某ファミレスに

食事に行きました。

 

名前は伏せますが、

某有名チェーン店です。

 

NAKAYAMAは大好きで、

よく行くのですが、

 

今日はタイミングが悪く、

お店の近所で、祭りがあったっぽくて、

 

店内に入ると、待っているお客さんで

溢れかえり、大混雑。

 

レジも「会計待ち」で行列が出来ていて、

テーブルの「片づけ」も追いついていない」状態。

 
そして、アルバイトのスタッフさんが

どこから手を付けて良いのかわからず、

 

あたふたしているのが、分かりました。

 
そして、極めつけが、レジの故障です。

こんな混雑している時に限って・・・

 
そこへ、バシッとスーツきたおじさん達の

会計の番になりました。 そこで、まさかの

 
「個別会計お願いします」

 
と言い出したのです。

 
全く関係無いNAKAYAMAが

思わず、ガン飛ばしてしまいました。

 
明らかに、お店が回っていないのが

わかったので、他のお店に行きたかったのですが、

 
息子がこのお店のパフェが楽しみで

「絶対食べたい」と言う事で、

 
仕方なく、大混雑の中待ちました。

 
実は、NAKAYAAMは学生の頃、

このファミレスでアルバイトをしていた事があるのです。

 
自分でいうのも恐縮なのですが、

「神童」とか、「スタンド使い」

 
と言われるほど、仕事が出来る

スーパーアルバイターでした。

 
ですので、このパニック状態を

正常な状態に復元させるテクを知っているのです。

 
それでは、ここで問題です。

お店が大混雑でパニック状態の時に、

 
クレームを発生させずに

パニックを鎮める方法とは?

 
次のどれでしょうか?

①まずは、会計のお客さんを先に対応する。

②まずは、テーブルを片付けて、お客さんを案内する。

③案内、オーダー、料理提供、会計、片付けの
一連の動きを少しずつ対応する。

 
みなさんも考えてみて下さい。

 
①帰ろうとしているお客さんを優先すべきか、

②空腹でイライラしているお客さんを優先すべきか、

③全ての対応を同時並行で進めるか。

という選択になると思います。

 
正解はー

 
③案内、オーダー、料理提供、会計、片付けの
一連の動きを少しずつ対応する。

でした。

 
これは、スーパーアルバイター

NAKAYAMAが実際に使ったテクです。

 
なぜ、これがベストの判断なのか?

理由は、お客さんとの接触回数が一番増えるからです。

 
実は、一番身体を動かす方法なので、

一番大変なのですが、

 
少しずつでも、何回もお客さんと

何回も「接触をする」頻度が増えるやり方なのです。

 
ビジネスでも、いっつも同じ場所で

止まってしまう事ってありませんか?

 
ボトルネックになっている部分を

「仕組み」で無くす事ってできませんか?

 

<追伸>

お客さんの食べ終わった食器を片付けて、

シンクの前に置く台の事を「下げ台」というのですが、

 
この下げ台が実はポイントで

ここに食器が溢れていると、一気に動きが止まります。

 
ですので、ちょっとずつ食器を下げて

ちょっとずつ食器をウォッシングマシーンに入れて

 
接客している間に、食器を洗う。

 
この繰り返しの頻度を上げる事で

ボトルネックを減らす事が出来ます。

 

<オススメ>
fmfmなるほど。「恋愛のボトルネック」

https://ameblo.jp/1freelove/entry-10103263235.html

 
<今日のひとこと>

アルバイト時代は「神童」と呼ばれていました。。
 
 
記事が参考になったり、面白ければ、
クリックお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓

https://abaql.biz/brd/archives/nscuro.html

↑↑↑↑↑↑↑↑

クリックだけでも嬉しいですが、
フォームもついていますので、
リクエストやご質問等、コメント頂けますと幸いです。

 
────────────────────

【メルマガ紹介のお願いです】

メルマガ会員募集中です。
ご友人、お取引先様に是非ご紹介頂けますと嬉しいです。
下記URLをお送り頂ければと思います。

↓↓↓↓↓↓↓↓

https://abaql.biz/brd/archives/opzdkp.html

────────────────────

読んで頂きまして、有難うございました。