<ヒットの理由 | 株式会社ブルーム

news ニュース

2018/10/23 火曜日

ヒットの理由

事務所より

 

いやー、下町ロケット。

やっぱり面白いですねぇ。

 

毎回、必ず、急に前が見えなくなったと思ったら泣いています。

 

佃社長(阿部寛)さんの、真っ直ぐな経営スタイルに

「グっときた」方も多いのでは無いでしょうか?

 

池井戸潤さんのドラマはどれも、面白いですよね。

 

ぐいぐいストーリーに引き込まれて気が付いたら、(ドラマなのに)

感情的になって、観ている事が多いです。

 

ピーター演じる弁護士が、腹立つんですよね。

腹立ち過ぎて、ピーターのシャツのスカーフの巻き方に、イライラしてしまいす。

 

さてここで、マンデークイズの時間です。

 

池井戸潤さんの過去のドラマの中で、

視聴率が高かったドラマNo1は何でしょうか?

 

①陸王

②ルーズベルトゲーム

③半沢直樹

 

なんとなく、「想像がつく」という方も多いのではないでしょうか?

 

そうです、正解は「半沢直樹」です。

断トツので視聴率No1だったそうです。

 

その理由が、興味深いものでした。

 

陸王、ルーズベルトゲーム、そして今回の下町ロケットの

 

主人公の役職は「社長」。

 

一方で、半沢直樹は、社長ではなくて、「中間管理職」。

 

この「役職」に大きな違いがあるようです。

 

視聴者の中の役職は、社長より、サラリーマンの方が多いので、半沢直樹に一番「共感」出来る。

言い換えると、

他のドラマの社長職の主役ではなくて、半沢直樹に、自分を重ねてドラマを観ている。

 

と言う事です。

 

これは、ネットの記事で見かけた見解なのですが、

結構、的確な気がします。

 

下町ロケットでは、阿部寛さんが社長ですが、

幹部のメンバーのキャラクターが良いですよね。

 

みんなで一丸となって、難題に立ち向かう姿に、感情移入してしまいます。

 

ターゲットが誰なのか?

 

ターゲットの共感を得るにはどうすれば良いのか?

下町ロケットを観ながら、考えるのも、面白いと思います。

 

次にロケットを飛ばすのは、僕たちの番だ!

 

P.S.

1点だけ気になるのが、竹内涼馬さんです。

 

下町ロケットでは、立花というエンジニアの役なのですが、

前回の「陸王」が良すぎて、

 

やっぱり「足袋履いてるのかな?」

 

とか違うドラマを思い出してしまいます。

 

もう1点、阿部寛さんもそうです。

田んぼで転んで泥まみれになったシーンを観て、

 

「銭湯行ったら良いのに」

 

という気持ちになります。

 

<オススメ>

ヒットの理由

https://ciatr.jp/topics/291384

 

<今日のひとこと>

行けぇー茂木ぃー

 

記事が参考になったり、面白ければ、
クリックお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓

https://03auto.biz/clk/archives/nscuro.html

↑↑↑↑↑↑↑↑

クリックだけでも嬉しいですが、
フォームもついていますので、
リクエストやご質問等、コメント頂けますと幸いです。

 
────────────────────

【メルマガ紹介のお願いです】

メルマガ会員募集中です。
ご友人、お取引先様に是非ご紹介頂けますと嬉しいです。
下記URLをお送り頂ければと思います。

↓↓↓↓↓↓↓↓

https://03auto.biz/clk/archives/opzdkp.html

────────────────────
 

読んで頂きまして、有難うございました。