<「直感力」の鍛え方 | 株式会社ブルーム

news ニュース

2018/08/22 水曜日

「直感力」の鍛え方

自宅より

 

美味過ぎるラーメン屋さんを、見つけました。

 

見つけましたと言うか、以前からお店の前をよく通っていたのですが、

タイミングが合わずに行けていませんでした。

 

「絶対このお店美味いハズ」

と思っていたお店に、ようやく今日CVしました。

 

最近、この直感が良く当たるようになってきました。

 

年の功なんですかね。

 

歳を重ねるごとに、精度が上がって来ています。

 

美味しそうなお店の前を通ると、「第三の眼」が開くんですよね。

(これを、チャクラと呼んでいます)

 

このサードアイズがパカっと開いたお店は、十中八九、ほぼ美味しいです。

 

最初から精度が高かったわけではありません。

 

以前は、サードアイズが開いても、残念な結果になった事が多かったです。

 

では、なぜ精度が上がってきたのでしょうか?

理由は、「新規開拓を続けた」事だと思います。

 

新規開拓って、結構勇気いるんですよね。

今まで行った事のある、美味しいお店に行っておけば、

 

失敗するリスクを、回避出来ます。

 

そこで、NAKAYAMAは「既存」へは行かず、

リスクを取って、「新規」を開拓しつづけます。

 

この新規開拓の動きが、精度を上げるコツです。

 

営業も2種類あって、

既存顧客へアプローチする、「ルート営業」と

新規顧客へアプローチする「新規営業」

 

に分かれます。

 

新規営業の方が、当然難易度は高いです。

 

新規営業をやっている方の方が、サードアイズが鍛えられて、

直感力がつきます。

 

直感力が養われると、

トラブル防止につながります。

 

今日行ったラーメン屋さんは、

日本料理屋さんが、経営しているそうで、

 

出汁が別格で効いています。

 

つけ麺を食べましたが、美味し過ぎました。

しょうゆ、塩等々、他メニューもありますので、

 

全メニューをコンプリートしようと企んでいます。

 

驚いたのが、つけ麺を食べていたら、女性の店員さんが耳元で

「粉チーズトッピングすると美味しいですよ」

と他のお客に気づかれないように囁いてきました。

 

言われるがままに、粉チーズをかけると、

 

あら不思議。

カルボナーラのような味わい。

 

日本からイタリアへ、ひとっ飛びです。

 

勿体ぶりましたが、お店の名前は、「ふるめん」です。

 

六本木と六本木一丁目の間ぐらいにあります。

お近くを通った際は、是非!オススメです。

 

日本からイタリアへ、ボラレビーア!

 

<P.S.>

ふるめんで、隣に座ったお客が近所の会社で働く友人でした。

 

凄い偶然で、嬉しくなって

「やっさん、久しぶり!」

 

と声をかけたら、別人でした。

 

<オススメ>

つけ麺のスープ割も、別格でした。

https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13195442/

 

<今日のひとこと>

ボラレビーア

 
 
記事が参考になったり、面白ければ、
クリックお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓

http://clap.mag2.com/putrioprow

↑↑↑↑↑↑↑↑

クリックだけでも嬉しいですが、
フォームもついていますので、
リクエストやご質問等、コメント頂けますと幸いです。

 

────────────────────

【メルマガ紹介のお願いです】

メルマガ会員募集中です。
ご友人、お取引先様に是非ご紹介頂けますと嬉しいです。
下記URLをお送り頂ければと思います。

↓↓↓↓↓↓↓↓

ブルームニュースレター【ザ・ベネフィット】

────────────────────
 

読んで頂きまして、有難うございました。