<まわりに足を引っ張られました・・・ | 株式会社ブルーム

news ニュース

2018/01/03 水曜日

まわりに足を引っ張られました・・・

自宅より

 

今となっては恥ずかしい話なのですが、NAKAYAMA、昔バンドやっていました。

しかも、社会人になってからです。

その頃、NAKAYAMAは就職が決まらず、派遣会社に登録して、

派遣社員として、様々な派遣先で正社員からイジめに合っていました。

 

そんな上手くいかない仕事や自分を全て社会のせいにして、

霧を吸って嘆きを吐く、自由を歌うロックバンドです。

バンド名は、Sexyz(セクシィーズ)

衣装は白のスケスケのランジェリーを来てステージに立ち、

見えずらい社会を、「見える化しようぜ」

「色眼鏡で俺たちを見ないでくれ」

というメッセージをアピールしていた

3ピースバンドでした。

 

NAKAYAMAの熱い想いとは裏腹に、

まったくどこのレーベルからもお声がかからない。

僕は2人のメンバーが足手まといで

バンドを「台無し」にしてしまっているに違いない。

という思い込みがありました。

 

「待っていても、仕方が無い。」

「夢は自分で切り開くもんさ。」

 

レコード会社にツテのある友人に懇願して、

レコード会社の社員さんにアポイントをセッティングして頂きました。

3人でセッションした映像を見て頂いた後に、

レコード会社の社員さんに言われたのは、、、

 

「で、Sexyzさんは、どうなりたいの?」

 

NAKAYAMA「ぬぅ・・・」

 

実際に、ぬぅと言ったか憶えていませんが、

この「どうなりたいの?」という当たり前の質問に

答える事が出来ませんでした。

口をついて出た言葉は、「世の中を見える化したい」でした。

 

そう言えば、バンドのメンバーはどうなりたいんだろう?

そもそも、メジャーデビューしたいのか?

小さくまとまって、趣味でやりたいのか?

CD出したいのか?ずっと続けたいのか?

メンバーでX JAPANの大晦日LIVE DVDを観て

「すげぇ~」とか、「イントロ最高」なんて話しかした事がありませんでした。

思い切って聞いてみると・・・

 

NAKAYAMA「Sexyzって、どうなりたんだっけ?」

バンドメンバー「世の中を見える化したい・・・」

 

どうやら、ゴールは同じようでしたが、

その後、メンバーとは連絡がつかなくなりました。

 

<P.S.>

「目的」や「ゴール」が意外と無いように思います。

「そんなバカな」と言われそうですが、

ゴールが無いという事が結構、普通によくあります。

 

突き詰めると、確かに難しい事もあります。

なぜなら、環境の変化など、

自分の力の及ばないところで、時々、変わるからです。

そもそも、「本質」に行きつくまでが難しい。

 

7つの習慣の「第2の習慣」は

「終わりを思い描く事ことからはじめる」です。

ゴール設定自体を習慣化すれば、環境の変化に合わせられます。

 

<オススメ>

気が付けば、ゴールが無かったというSexyzの二の舞になってはイケません。涙

http://success-principle.com/seven-habits/second-habit/

 

<今日のひとこと>

閉ざされた愛に向かい叫び続ける

 
 
記事が参考になったり、面白ければ、
クリックお願いします。

http://clap.mag2.com/putrioprow

クリックだけでも嬉しいですが、
フォームもついていますので、
リクエストやご質問等、コメント頂けますと幸いです。

────────────────────

【メルマガ紹介のお願いです】

メルマガ会員募集中です。
ご友人、お取引先様に是非ご紹介頂けますと嬉しいです。
下記URLをお送り頂ければと思います。

↓↓↓↓↓↓↓↓

https://bloominc.jp/nl/

────────────────────