<出来る男のパラダイム | 株式会社ブルーム

news ニュース

2017/12/31 日曜日

出来る男のパラダイム

自宅より

 

トラブルは何故起きるのでしょうか?

ビジネスをしていると、トラブルはつきものです。

でも、冷静に考えると、不思議だと思いませんか?

毎回トラブるなら、商品(サービス)に問題がある事は間違いありません。

 

ところが、ほとんどのケースは、

トラブルが起きない事がほとんどで、

トラブル発生する事はごく少数だと思います。

 

同じ商品(サービス)を扱っているのにも

かかわらず、トラブルが出ない場合もあれば、出る時もある。

一体どういう事なのでしょうか?

これは、「物の見方」の違いです。

 

よくあるのが、

営業がやっとの思いで決めてきた案件が技術担当が窓口になったとたんに、

クライアントが怒り始めて、案件が思うように進まなくなり・・・

→トラブル発生

これは特にIT系の企業の「アルアル」ですよね。

 

この話がズバリ、「物の見方」の違いです。

簡単に言うと

営業は、「お客さん目線」だったので、事が上手く進んでいたのですが

技術は、「自分目線」で仕事を進めてしまったので、

ビジネスの見方がお客様のニーズではなくなってしまったのです。

 

もし、この技術担当が、自分目線では無くて、お客様目線で見ていたら

トラブルにはならなかった。と言う事になります。

この時の技術は、トラブルになっても

「自分は正しい」と思っている事が多いように思います。

上記は分かりやすい例として、技術の方を悪役にしてしまいましたが、

仕事が出来る人はこの「物の見方」が非常に上手です。

 

自分の考え方・行動がは本当に正しいのか?

という「物の見方」を「インサイド・アウト」と言います。

これが、なかなか出来ないんですよね。

「物の見方」は「思い込み」と同義語だと思います。

意外と自分を縛っているように思います。

 

そして、この「物の見方」は「思い込み」を見誤ると、「仮説」を間違います。

 

<P.S.>

語弊があると良くありませんので、補足すると、

営業は、「お客さん目線」

技術は、「自分目線」

と言うのは、あくまで例えです。

 

自分目線の営業も沢山いますし、お客様目線の技術も沢山います。

お客様目線の技術は、最強だと思います。

 

<オススメ>

インサイドアウトのパラダイム

http://www.franklinplanner.co.jp/learning/selfstudy/ss-06.html

 

<今日のひとこと>

パラダイムシフトで人生が変わります。

 
 
記事が参考になったり、面白ければ、
クリックお願いします。

http://clap.mag2.com/putrioprow

クリックだけでも嬉しいですが、
フォームもついていますので、
リクエストやご質問等、コメント頂けますと幸いです。

────────────────────

【メルマガ紹介のお願いです】

メルマガ会員募集中です。
ご友人、お取引先様に是非ご紹介頂けますと嬉しいです。
下記URLをお送り頂ければと思います。

↓↓↓↓↓↓↓↓

https://bloominc.jp/nl/

────────────────────