<【サンシャインNAKAYAMA】情報「くれくれ」をやってはいけない理由 | 株式会社ブルーム

news ニュース

2017/11/26 日曜日

【サンシャインNAKAYAMA】情報「くれくれ」をやってはいけない理由

事務所より

 

天気が良くて、気持ちの良いサンデーですね。

NAKAYAMAはベランダに布団を干して来ました。

いやー、夜寝るときのフカフカ感が今から楽しみです。

僕は、布団を干す事に、「過剰」なこだわりがあります。

 

こだわりというか、布団をベランダに干す。

と言う事が、実は夢だったのです。

話は遡りますが、僕がカミさんと結婚する前に同棲していたマンションは、

都会の「コンクリート・ジャングル」の真っただ中でした。

日光がほとんど入らず、暗い部屋でベランダに布団を干すなんて、出来ませんでした。

 

NAKAYAMA「オレ、頑張るよ」

カミさん「サンシャイン、プリーズ」

そう言えば、カミさんが、僕の背中に

S U N S H I N E

と綴って、「何て書いたかわかる?」

なんて時期があったのを想い出しました。

 

こんなにも日光を欲し、布団を干す事に憧れていた、

文字通り暗い過去がありました。

前置きが長くなりましたが、昨日に引き続き、「返報性の法則」について書きます。

これは、ネットビジネスでも、夫婦、彼女、彼氏間でも使えるという

非常に便利なテクですので、是非、マスター出来ると良いと思います。

 

返報性の法則は、実は3つの種類がある事はあまり知られていません。

この3つの特性を、理解して使う事でより、返報性マスターになれます。

 

【種類1】好意の返報性

自分が相手に好意を見せれば、相手も自分に好意をもってくれる。

【種類2】譲歩の返報性

自分が相手に譲歩すれば、相手も譲歩してくれて、

要求を聞き入れてもらいやすくなる。

【種類3】開示の返報性

情報や、自分の性格等、積極的に開示すると相手もそれと同じ程度の自己開示をする。

以上の3つです。

 

3つに共通するのは、まずは、「自分発」という所です。

情報やノウハウを「くれくれ」の人がいますが、

「くれくれ」言われると、絶対あげたくなくなるのが人情だと思います。

こうやって3つにわけて見ると、思い当たる事が出て来ませんか?

 

<P.S.>

初めて、ベランダに布団を干す事が出来た日、

カミさん「サ、サンシャイン・・・」

まるでヘレンケラーのようでした。

 

<オススメ>

布団叩くのNGって知りませんでした・・・

https://yourmystar.jp/c0_25/c1_29/articles/air-a-futon/

 

<今日のひとこと>

情報は隠すな!

 

記事が参考になったり、面白ければ、
クリックお願いします。

http://clap.mag2.com/putrioprow

クリックだけでも嬉しいですが、
フォームもついていますので、
リクエストやご質問等、コメント頂けますと幸いです。

────────────────────

【メルマガ紹介のお願いです】

メルマガ会員募集中です。
ご友人、お取引先様に是非ご紹介頂けますと嬉しいです。
下記URLをお送り頂ければと思います。

↓↓↓↓↓↓↓↓

https://bloominc.jp/nl/

────────────────────