<ホリエモンと加藤公一レオさんとNAKAYAMAの共通する仕事管理術 | 株式会社ブルーム

news ニュース

2017/10/18 水曜日

ホリエモンと加藤公一レオさんとNAKAYAMAの共通する仕事管理術

事務所より

 

昨日のメルマガで、春を代表するミュージシャンは

「尾崎豊」です。

と書いたら、2名の読者の方に、

「ユーミンでしょ」というメッセージを頂きました。

 

確かに、「春よー♪」って歌ってますからね。

でも、やっぱり春と言えば「卒業」の尾崎だと思います。

念のため、帰宅後カミさんに確認すると

「ユーミンでしょ」との事です。

 

「自分が良いと思う事が、必ずしも相手にとって良い事では無い。」

毎日が勉強です。

 

さて、今日は忙しいあなたの為に、デキるビジネスマンが実践している、

「仕事管理術」をシェアします。

 

偶然、加藤公一レオさんの

「ネット広告業界での“最強”のTODO管理方法とは!?」

という記事を見つけました。

加藤公一レオさんは、WEB広告業界では知らない人はいないでしょう。

 

「売れるネット広告 つくーる」というサービスが有名な、起業家の方です。

そんな加藤公一レオさんの「仕事管理術」の記事を読んでみると、

受信メールにあるメールを、そのまま「自分のTO DOリスト」にする。

という、メールを使った仕事管理術です。

 

だいぶ前に、ホリエモンがライブドアでバリバリMAしていた頃に出した本で

「100億稼ぐメール術」と言う本にも、同じ事が書いていました。

NAKAYAMAは、このホリエモンの本を読んで以来受信トレイにあるメールで

全てのタスクを管理しています。

 

例えば、何か新規のタスクが入ると、すかさず自分宛にメールするのです。

済んだタスクは、自分で作った別フォルダに移動させます。

このやり方だと、受信トレイにあるものが「タスクリスト」になります。

 

加藤公一レオさんの記事には、送信済メールが、「相手からの連絡待ちリスト」になる。

と書いていました。ナルホド!

ホリエモンは当時、このやり方で1日5000通の受信メールを対応していたそうです。

 

NAKAYAMAも気になって、1日の受信メール数を確認してみると1日100通強ぐらいです。

周りの方の話を聞くと、平気で、数百通~1,000超える方もいますので、

おそらく、だいぶ少ない方だと思います。

チャットワークが増えて来た事も少ない原因だと思います。

 

あまり仕事をしていないのも少ない原因だと思います。

仕事は量に比例して質が上がりますので、もっと受信メールを増やしていかないといけません。

以上、「受信トレイをタスク一覧」にする、

ホリエモンと加藤公一レオと NAKAYAMAの共通するTODO管理術でした。

 

感の良いあなたは気づいたかもしれない。

加藤公一レオさんも、ホリエモンの本を読んだのだと思います。

<追伸>

受信トレイをタスク一覧にする方法のおかげで、チャットワークでレスの遅延が起きています。

チャットワーク対策。。。 なにか良い方法を考えなくてはいけません。

 

<オススメ>

加藤公一レオさんの記事はコレだ。

http://www.startrise.jp/columuns/view/4264

 

<今日のひとこと>

ユーミンの歌は「春よ、来い」というタイトルのようです。

冬の歌のような気がします。

 

記事が参考になったり、面白ければ、
クリックお願いします。

http://clap.mag2.com/putrioprow

クリックだけでも嬉しいですが、
フォームもついていますので、
リクエストやご質問等、コメント頂けますと幸いです。

────────────────────

【メルマガ紹介のお願いです】

メルマガ会員募集中です。
ご友人、お取引先様に是非ご紹介頂けますと嬉しいです。
下記URLをお送り頂ければと思います。

↓↓↓↓↓↓↓↓

https://bloominc.jp/nl/

────────────────────