<チャンピオンになれたワケ | 株式会社ブルーム

news ニュース

2017/10/16 月曜日

チャンピオンになれたワケ

事務所より

 

以前、友人と一緒にGoogleの研修を受けに行きました。

友人が誘ってくれたので、軽いノリで参加したのですが、

研修の内容を知ってビックリ。

 

アドワーズを販売する為の「営業研修」だったのです。

NAKAYAMAはてっきり、アドワーズの

「運用方法」の講座だと思っていました。

 

営業講座の参加者は、30名ぐらい。

広告代理店や、WEBツール販売、制作会社、等々IT系の方々です。

アドワーズのセールス方法を学ぶ営業講座。

 

講座の最後に、参加者全員の前でプレゼン大会が行われます。

持ち時間5分の中で、アドワーズの商品説明をします。

なんと、NAKAYAMAはこのプレゼン大会で

なみいる強豪をおさえて、優勝します。

 

理由は簡単で、アドワーズも、営業も

普段からやっていているからです。

はっきり言って、楽勝なのですが、純粋に嬉しかったです。

 

夜、布団に入ると、優勝の実感が沸いてきます。

 

NAKAYAMA「今日、プレゼン大会で優勝したんだよ」

 

カミさん「良かったじゃん!」

 

この優勝をキメる審査員の方はGoogleの社員さんなのですが、

プレゼンのどこが良かったのか?を聞いた所、

優勝の理由を知ってビックリしました。

 

【PR】ーーーーー

インスタ攻略プログラム
http://directlink.jp/tracking/af/1448620/ciXPKzmA-J5iDPDpW/

ーーーーー

 

NAKAYAMAがなぜ、優勝できたのか?

優勝できた理由をGoogleの審査員に聞いてビックリ。

 

「なんか、無茶ブリしても聞いてもらえそう」

という理由でした。

そんな事も審査対象に入っているとは・・・

 

でも、

・商品も同じで

・販売方法も同じ

・価格もそんなに変わらない。

となると、意外と「そういう部分」で決まる事もあるように思います。

 

つまり、担当者です。

話しやすそうだな。とか、「無茶ぶり聞いてもらえそう」

という部分です。

 

弁護士さんに聞いたのですが、

サービスの全てを法的拘束しようとすると、

全てに、リスクヘッジの文言を謳う必要が出てきて、

サービスが「何も出来なくなる」そうです。

 

つまり、「セールス」と「リーガル」は

背反すると言う事です。

セールスなのに、まるで「買わないでくれ」

と言われているような気分になるくらい

規約が厳しい時ってありませんか?

 

<追伸>

NAKAYAMAが優勝したポイントは

もう1つあります。

それは、「5分」というプレゼンの時間内にきっちり収めた事です。

他の方は大体はみ出していました。

 

<オススメ>

達成する人の法則

http://directlink.jp/tracking/af/1408943/KfIcdA5z/

 

<今日のひとこと>

月曜日からワイパー必要ですね。

 

記事が参考になったり、面白ければ、
クリックお願いします。

http://clap.mag2.com/putrioprow

クリックだけでも嬉しいですが、
フォームもついていますので、
リクエストやご質問等、コメント頂けますと幸いです。

────────────────────

【メルマガ紹介のお願いです】

メルマガ会員募集中です。
ご友人、お取引先様に是非ご紹介頂けますと嬉しいです。
下記URLをお送り頂ければと思います。

↓↓↓↓↓↓↓↓

https://bloominc.jp/nl/

────────────────────