<夏にスーツを買ってしまったワケ | 株式会社ブルーム

news ニュース

2017/08/27 日曜日

夏にスーツを買ってしまったワケ

自宅より

 

「今どきのお顔ですよね。」

スーツ店でシャツを見ていると、

女性店員さんが、話しかけてきました。

 

NAKAYAMA「と、申しますと?」

 

女性店員「今どきのスーツが似合いそう、

と言う事です」

 

結論から言うと、全然買うつもりじゃなかったのに、

スーツを購入してしまいました。

 

振り返ると、この女性店員さんのトークが実に上手い。

 

褒め殺しなのですが、それでいて、売り込みクサくない。

なぜ、売り込みクサくないのか?

それは、「具体的」な提案をしてきたからだと思います。

 

NAKAYAMAがシャツを見ているのに、スーツの売り込み。

一見、してはいけない営業のような気がします。

 

リスティング広告を検討しているクライアントに、

アフィリを提案するようなものです。

 

この女性店員さんは、シャツでは無く、

なぜ、違和感なく、スーツの提案が出来たのか?

女性店員さんのトークはこうだ。

 

女性店員「最近、入ってきたスーツがお客様に良く似合いそうだった

ので、羽織るだけでも、どうですか?」

 

NAKAYAMA「スーツですか?」

 

女性店員「多分すぐ売れてしまうので、お客様には絶対似合うと思っ

たのでつい・・・」

 

NAKAYAMA「そうなんですね。じゃあ、折角なので」

(ちょっと嬉しいが、単純に白シャツが欲しいだけなので、スーツは別にいらないと思っている)

 

ここで、女性店員さんは、先ほどぼくが見ていた

白いシャツと一緒に、スーツを持って来ました。

ジャケットを羽織ってみると、自分で言うのもなんですが、

まあまあ、似合っているような気がしました。

 

女性店員「よくお似合いです。サイズまでピッタリです。」

 

すかさず、「白いシャツも良く映えますね」

と言って、白シャツを当ててくる。

 

と、ここで、他の売り場を見ていた、カミさんが合流。

 

カミさん「おぉーイイじゃん」

 

女性店員さん「旦那様、良くお似合いでございます。」

 

NAKAYAMA「イイよねー」

 

長男「カッコいいー」

 

女性店員さん「このジャケットは、ズボンを選ばないんですよ」

 

と言って、ジャケットにデフォでついていた、

同じ色のズボンとは別の色のズボンを持ってきた。

 

女性店員「旦那さんは、知的な感じもするので、

逆にこういった色使いで、遊んじゃっても良いと思います」

 

カミさん「おぉーイイじゃん」

 

NAKAYAMA「イイよねー」

 

長男「カッコいいー」

 

女性店員「このパンツの時はそうだな、

このソックスでキマり」

 

と言う事で、想定外のスーツを購入。

それと、白シャツと、ズボン、ソックス2足。

当初、白シャツだけの予定だったのに気づいたら、

結構買っていました。

 

女性店員さんの勝因はコチラ

・提案力

・褒め力

・キーマン(カミさん)も気分良くさせて、味方につけた事。

 

セールスは女性の方が向いてるなぁ、と改めて思いました。

女性店員さん、「プロ」でした。

 

<P.S>

上記の他にも、ズボンの腰の内側につける

「シャツ止め」(シャツがズボンから出にくくする滑り止め)

のオプションもご提案されて、つけてしまいました。

 

購入する商品の関連商品は、買ってしまいますね。

 

上下色の違うスーツを着ていたら、

この女性店員さんから買ったスーツです。

 

<オススメ>

上手く行く人は外見から入る?

 

http://directlink.jp/tracking/af/1448620/YEN00KNR-SlPLS7yA/

 

<今日のひとこと>

「今どきのお顔ですよね。」

 

記事が参考になったり、面白ければ、
クリックお願いします。

http://clap.mag2.com/putrioprow

クリックだけでも嬉しいですが、
フォームもついていますので、
リクエストやご質問等、コメント頂けますと幸いです。

────────────────────

【メルマガ紹介のお願いです】

メルマガ会員募集中です。
ご友人、お取引先様に是非ご紹介頂けますと嬉しいです。
下記URLをお送り頂ければと思います。

↓↓↓↓↓↓↓↓

https://bloominc.jp/nl/

────────────────────