<潜在層を顕在化する方法 | 株式会社ブルーム

news ニュース

2017/08/11 金曜日

潜在層を顕在化する方法

秋田県能代市より

 

里帰りで、家族でカミさんの実家に帰ってきました。

 

飛行機が取れず、新幹線で帰ってきましたが、

仕事が終わってすぐに出発したのに、

能代についたのは、0時になってしまいました。

 

気温は20℃。寒いくらいです。寝苦しい東京とはエラい違いです。

 

そんな涼しい秋田より、今日は「フィア・アピール」と言う

心理テクについて書こうと思います。

これを上手に使う事で、CVRが改善される事は多いです。

 

連日、悩み Levelについて書いていますが、

悩みが深くないLevelの人に訴求するのは結構、難しいです。

 

なぜなら、悩みが深くない場合、

「今すぐ悩みを解決する」理由がないからです。

 

「今じゃなくて良いな」と思われてしまい、

折角LPに来たユーザーが離脱してしまいます。

 

なんとか、緊急性を煽り離脱を防ぎたい!

そんな悩みを解決するのが、「フィア・アピール」です。

 

Level1:本人も気づいていない悩み。

Level2:気づいているが、深く考えていない悩み

 

こういった、悩みが比較的浅い層は

何かしら、刺激を与えて、危機感を持って頂く必要があります。

 

例えば、

「まさか、ただの肩こりが原因で、1ヶ月仕事を休む事になるとは

思いませんでした。」

 

というような、整体院の来店促進アピールや

 

「間違ったところにハシゴをかけて、一生懸命登って

会社をダメにしていませんか?」

 

というような、経営コンサルサービスの訴求は

経営者にはかなり刺さると思います。

 

フィアアピールを簡単にいうと、「脅し」です。

 

ただ、脅しと言っても、あまりに強烈な、フィアアピールをしてしまうと、

「問い合わせをしようと思う気持ち」も萎えてしまって

金輪際、その商品を買おうとは思いません。

 

独裁的な会社の社長がメチャクチャ怖くて、

社員の思考が止まるのと似ています。

 

ですので、フィアアピールを入れてソフトに脅してください。

 

<P.S.>

人の思考は、あまりに怖すぎると

記憶から消すようにできているそうです。

 

くれぐれも、強烈すぎるフィアアピールを

しないように気をつけてください。

 

<オススメ>

マーケターならこの本は必読です。
https://goo.gl/bGHYhZ

 

<今日のひとこと>

ワイパー出しても前が見えないと思ったら、深夜でした。

 

記事が参考になったり、面白ければ、
クリックお願いします。

http://clap.mag2.com/putrioprow

クリックだけでも嬉しいですが、
フォームもついていますので、
リクエストやご質問等、コメント頂けますと幸いです。

────────────────────

【メルマガ紹介のお願いです】

メルマガ会員募集中です。
ご友人、お取引先様に是非ご紹介頂けますと嬉しいです。
下記URLをお送り頂ければと思います。

↓↓↓↓↓↓↓↓

https://bloominc.jp/nl/

────────────────────