<上手な有給の申請方法 | 株式会社ブルーム

news ニュース

2017/01/18 水曜日

上手な有給の申請方法

事務所より。

有給休暇という福利厚生が
あっても、

「なかなか使いづらい」

という人が多いのではないでしょうか?

・単純に忙しい

・休みたいけど、なんだか悪い気がする。

と言う声を良く聞きます。

折角、有給休暇という制度があるなら
利用しない手は無いと思うのですが・・・

そんな中、先日結婚した
弊社のデザイナーが、

新婚旅行に行く為に、
有休を申請してきたのですが、

とても上手に、申請してきたので
その方法をシェアしたいと思います。

デザイナー(以下、デ)
「Nakayamaさんは新婚旅行に行ってないんですよね?」

Nakayama(以下、N)
「そうなんだよ。タイミングが合わなくってさ」


「行くとしたら、暖かい所とか良いですよね」

N
「そうだなー 日本が冬の時に常夏の国は
イイよね」


「私、今度新婚旅行でハワイ行くんです。」

N
「イイじゃん!」


「2月に1週間、有給頂きます」

N
「お、おう・・・」

こんなやりとりがあって、
デザイナーはあっさりと有給をゲット。

実は裏話なのですが、
1,2,3月は、特に繁忙期なので、

内心、「4月にしてよ。」
と言う気持ちがあるのですが、、、

なぜ、彼女はスマートに
有給を取得できたのか?

それは、
彼女のトーク術にあります。

彼女のトークは、全て僕に「Yes」と
回答させる質問形式になっています。

僕は質問に対して、Yesと回答していたので、

「2月に1週間、有給頂きます」
という彼女の言葉に

ん?2月?と思いながらも
「Yes」と回答してしまいました。

(しかも、「日本が冬の時が良い」と言ってしまっている)

これは、「一貫性の法則」
と言う人間心理が働いています。

誰しも、
「アイツの言動は一貫している」

と思われたい強い気持ちがあります。

これが、一貫性の法則です。

今回、デザイナーは、
この法則を上手く使い、

有給をゲットしました。

まあ、こんなトーク術なんか
使わなくても、

普通に申請して、
普通に有給取得できるのが
理想だと思いますので、

普段から、しっかり仕事をする。

と言うのが、有給のスマートな取り方
になると思います。

P.S.
僕自身は、勤めていた時は
有給休暇を使った記憶が無いです。

もっと、使っておけば良かった!
と後悔しています。笑

<オススメ>
日本人の働き方をどう思うか外国人に聞いてみた

http://news.mynavi.jp/news/2016/09/14/134/

<今日のひとこと>
フット・イン・ザ・ドア
記事が参考になったり、面白ければ、
クリックお願いします。
http://clap.mag2.com/putrioprow

クリックだけでも嬉しいですが、
フォームもついていますので、
リクエストやご質問等、コメント頂けますと幸いです。

────────────────────
【メルマガ紹介のお願いです】

メルマガ会員募集中です。
ご友人、お取引先様に是非ご紹介頂けますと嬉しいです。
下記URLを送ってください ↓
https://bloominc.jp/nl/
────────────────────