<ローキックが太ももに入った瞬間・・・ | 株式会社ブルーム

news ニュース

2017/01/09 月曜日

ローキックが太ももに入った瞬間・・・

タリーズより

昨日は、キックボクシングを観戦しに
後楽園ホールへ行ってきました。

友人が、試合に出るので
その応援です。

格闘技が好きな、ポトラッチの小別さんと
2人で行ったのですが、

試合に夢中になり過ぎて、
一言も話しませんでした。

友人の試合は、序盤まで
攻めていたのですが、

試合中に、スネの筋肉が
パックリ割れてしまい、

ドクターストップで
負けてしまいました。

かなり優勢に進んでいたので
悔しいです。

他の試合で、「ヘビー級」
の試合は特に見応えありました。

日本選手vsブラジル選手

お互い100Kgを超える
巨漢なのですが、

日本選手の方は
鍛え上げられたBody

ブラジル選手は
贅肉のデブ体系

序盤、日本選手のローキックが
バシバシ、ブラジル選手の太ももを攻めて、

ブラジル選手はかなり痛そうな
顔して嫌がります。

日本選手は何度も何度も、
ブラジル選手の太ももを集中キックして

いよいよ、「ここだ!」
と言うタイミングで

一気に、たたみ掛けようと
距離を縮めた瞬間・・・

逆にカウンターをもらってしまい、
形成逆転。

ブラジル選手の重たい
パンチを数発もらって

KO負けです。

ブラジル選手は、かなり
戦い方が巧かったです。

この戦略が、ビジネスや
奥さんとのバトルで利用できないか?

考えてみたいと思います。

P.S.
メルマガ読者の方から
沢山の質問を頂きます。

他の読者の方も、
興味がありそうなトピックですので

Q&Aをメルマガで
やろうと思います。

ご質問がある方はコチラから
お気軽にご連絡を頂ければと思います。
http://clap.mag2.com/putrioprow

※頂いた内容は、
匿名でメルマガに掲載させて頂く事があります。

<オススメ>
良い事務所の正しい見つけ方
https://bloominc.jp/news/20160115/

<今日のひとこと>
ローキックが必ずしも
「キイテる」とは限らない
記事が参考になったり、面白ければ、
クリックお願いします。
http://clap.mag2.com/putrioprow

クリックだけでも嬉しいですが、
フォームもついていますので、
リクエストやご質問等、コメント頂けますと幸いです。

────────────────────
【メルマガ紹介のお願いです】

メルマガ会員募集中です。
ご友人、お取引先様に是非ご紹介頂けますと嬉しいです。
下記URLを送ってください ↓
https://bloominc.jp/nl/
────────────────────