<なぜ、FAXなのか? | 株式会社ブルーム

news ニュース

2016/11/04 金曜日

なぜ、FAXなのか?

な、なんじゃこりゃ

ある日、事務所に1通の
FAXが届きました。

「琴寄通信」

先日打ち合わせで初めてお会いした、
琴寄さんという方からでした。

内容は、
・コラム
・ビジネス書籍の紹介
・リーダー名言
・プロフィール紹介

と、特にレスポンスを
促す訳でも無く、

経営者向けに
情報提供のFAXでした。

通常のFAXは大体「ゴミ箱行き」
になってしまうのがほとんどなのに、
何故か、「琴寄通信」だけは、

捨てずにファイリングして
取っておきました。

その後も、毎月1日なると必ず、
琴寄通信がFAXが送られてきます。

琴寄通信が届くと、
「ああ、今月も始まった」

と思う程、アフィニティー(親近感)を
感じるようになりました。

アフィニティーどころか、
FAXの内容について琴寄さんに、
連絡を取ったりするようになりました。

僕はFAX営業での新規開拓は
得意中の得意なので、

FAXDMの効果の良さは
実感として持っていましたが、

まさか、こういうFAXの利用の仕方が
あるとは・・・

はっきり言って、
「僕もやりたい」と思い

琴寄さんにOKを頂き、
僕も仲山通信を開始します。

パクリではありません。
オマージュです。

名前はベネフィットにしようか、
ブルーム通信にしようか

迷いましたが、ブルーム通信は、
また別の媒体で考えているので

今回は、YAZAWA風に
「D.NAKAYAMA通信」

で行こうと思います。

このメルマガを読んでいるあなたには、
当メールでお知らせさせて頂きますので、
特別FAXはしません。

もし良ければ見て下さい。

D.NAKAYAMA通信
https://bloominc.jp/d/nakayama201611.pdf

P.S.
FAXは開封率100%です。
他にも、

・郵送DMに比べてコストが安い

・すぐに実行できる

・ターゲティング(送付先を特定)出来る

・送信日時を細かく設定できる

・レスポンスが速い

等々、良い事が多いです。

一方で、デメリットもあります。

・文字数が限られる

・白黒オンリー

・クレームがある

・to B(企業間取引)に限る

特に配信参数が増えると、
クレームは「ある一定数」います。

以前、FAXDMをやっていた際は
0.2%ぐらいの確率でクレームがありました。

それと、対象が大きな組織だと難しいです

読んで欲しい決裁者に行くまでに
捨てられてしまうからです。

まあ、デメリットはありますが、
それを超えるメリットの方が多いのが
FAXです。

P.P.S.
FAXやりたいけど、リストが無い方
Nakayamaに言ってくれれば、ご用意します。

<オススメ>
D.NAKAYAMA通信
https://bloominc.jp/d/nakayama201611.pdf

<今日のひとこと>
今後は、毎月1日配信です。
忙しい時期だからやるんです。

 
記事が参考になったり、面白ければ、
クリックお願いします。
http://clap.mag2.com/putrioprow

クリックだけでも嬉しいですが、
フォームもついていますので、
リクエストやご質問等、コメント頂けますと幸いです。

────────────────────
【メルマガ紹介のお願いです】

メルマガ会員募集中です。
ご友人、お取引先様に是非ご紹介頂けますと嬉しいです。
下記URLを送ってください ↓
https://bloominc.jp/nl/
────────────────────