<努力家は天才には勝てないのか? | 株式会社ブルーム

news ニュース

2016/10/12 水曜日

努力家は天才には勝てないのか?

事務所より

・一生懸命やっているのに、
なかなか成果につながらない・・・

・努力の仕方が間違っているのでは・・・

・いつになったら、日の目を見るのか・・・

『才能』

もしお金で才能が売っていたら、
借金してでも、手に入れたい。。。

そんな事を思うのは僕だけではないハズ

最近知った話なのですが、

あの世界的に有名な投資家、
ウォーレンバフェット。

アメリカの長者番付で、
常に上位にいる経営者です。

バフェットが投資の勉強をし始めたのは14歳。

そんなジュニアハイスクール時代に
投資の勉強しているなんて、可愛くない学生ですよね。笑

あまり知られていない話ですが、
バフェットが、投資家として成功をおさめたのは、
60歳を過ぎてからなんです。

御年85歳。

ですので、25年も大富豪でいる、
という見方も出来ますが、

13歳から60歳までの40年間以上の月日は、
まったく日の目を見なかった期間

と言う事になります。

もう1人紹介。

タイガーウッズは、知らない人の方が少ない、
『天才』の名をほしいままにする、
超有名なプロ・ゴルファー。

タイガーウッズは、21歳で史上最年少賞金王に
なっていますが、ゴルフを始めたのは「2歳」。

つまり、19年の努力の日々があった事になります。

その間、何度も止めたいと思った事があったと思います。

実際に、才能が成果に結びついている
という科学的なデータは殆ど無いらしいです。

「量は質を凌駕する」という、
僕の好きな言葉があります。

ゴチャゴチャ言わずやれ!的な
The体育会系ワードです。

良く無いのは途中で辞める事だと思います。

挫折を感じたら、自分に
「19年努力した?」と聞いてみる事にします。

P.S.
タイガーウッズのお父さんは
ゴルフの先生だったそうです。

天才音楽家のモーツアルトの
お父さんも音楽家でした。

そう考えると、才能という事では無くて、
努力は最前提として必要ですが、「正しい知識」を教わる。

と言う事が重要だと思います。

P.P.S.
僕が大ファンの将棋の羽生善治名人は
才能について、こんな事を言っています。

何かに挑戦したら確実に報われるのであれば、
誰でも必ず挑戦するだろう。

報われないかもしれないところで、

同じ情熱、気力、モチベーションをもって
継続しているのは非常に大変なことであり、

私は、それこそが才能だと思っている。

<オススメ>
決断力
goo.gl/D3cMr9

<今日のひとこと>
最近、「量をこなせ」という事ばかり
書いているような気がします。
 
記事が参考になったり、面白ければ、
クリックお願いします。
http://clap.mag2.com/putrioprow

クリックだけでも嬉しいですが、
フォームもついていますので、
リクエストやご質問等、コメント頂けますと幸いです。

────────────────────
【メルマガ紹介のお願いです】

メルマガ会員募集中です。
ご友人、お取引先様に是非ご紹介頂けますと嬉しいです。
下記URLを送ってください ↓
https://bloominc.jp/nl/
────────────────────