<起業時の注意点とは? | 株式会社ブルーム

news ニュース

2016/08/16 火曜日

起業時の注意点とは?

事務所より

昨日まで、Nakayamaの起業記を
3DAYS連続でメルマガで書いた所、

意外と反響が多かったです。

お盆中でもお仕事されている方が
多いような感じでした。

本当は、勤めていた会社を
辞めるところや、

その前の転職の話は
いくつもドラマがあって

個人的には好きなのですが、

長編になるので、またの機会に、
お伝え出来ればと思います。

1つ書き忘れて、
伝えたかった事があります。

それは、起業の際、できるだけ
それまで契約をしていた
お客さんを連れて行った方が良い。

と言う事です。

「え?それって勤めていた会社に対して不義理になるんじゃ・・・

とか、

「それは良くないぞ、Nakayama!」

と言われそうですが、

僕は、お客さんは連れていくべきだと思います。

というか、お客さんにとって、
どちらがベストなのか?

と言う事を判断基準にするべきです。

大体は、独立をしようなんて
考える人は、お客さんから「信頼」をされている事が多く、

お客さんからすると、その会社と付き合って
いると言うより

営業担当者と契約している事が多いハズです。

ですので、退職する時に、
勤めている会社に、筋を通そうという
気持ちは大事ですが、

その、筋を通す、通さないという基準で
選択する話では無くて

お客さんにとって、どちらが
メリットがあるか?

と言う基準で判断すると良いと思います。

実は、Nakayamaはここで失敗しました。

0から始めるのが漢でしょ。

と間違った男気で、
本当に0からやってしまった結果・・・

速攻ノイローゼ。

という、とても残念な状態になってしまいました。

退職する前に、
会社に良く説明して、

お客様にとって、
どちらが良いのか?

と言う事が、全ての判断基準ですし、

会社と話合った結果で、
お客さんを連れて行く事は、
不義理では無いと思います。

筋を通す為に、お客様を会社に残しても
大体の場合、上手くいかず、
結局また戻ってきてくれる事が多いです。

それだったら最初から、無理に分かれる必要は無いと思います。

P.S.
ただ、不義理は良くないです。

例えば、本来会社に残すべき
お客様なのに、

会社の悪口を言って、
自分と契約させたりです。

因果応報という言葉がある通り

不義理は、自分に帰ってきます。

P.P.S
起業して顧客0は精神衛生上
良くないです。

<オススメ>
簡単に出来るSEOの話。
http://directlink.jp/tracking/af/1448620/8d0Zs3Dr/

<今日のひとこと>
「お客さんにとって、どちらが良いか?」

 
記事が参考になったり、面白ければ、
クリックお願いします。
http://clap.mag2.com/putrioprow

クリックだけでも嬉しいですが、
フォームもついていますので、
リクエストやご質問等、コメント頂けますと幸いです。

────────────────────
【メルマガ紹介のお願いです】

メルマガ会員募集中です。
ご友人、お取引先様に是非ご紹介頂けますと嬉しいです。
下記URLを送ってください ↓
https://bloominc.jp/nl/
────────────────────