<決してLPで使わないで下さい。 | 株式会社ブルーム

news ニュース

2016/06/28 火曜日

決してLPで使わないで下さい。

事務所より

「絶対に見ないで下さい」
と言われたのにもかかわらず、

おじいさんと、おばあさんは
気になってしまい、

ついに鶴が機織りする姿をのぞき見して
しまったのです・・・

この話は、「鶴の恩返し」ですが、
実は、この話の応用がLPでも使えます。

人は「誰にも言うな」と言われると
誰かに言いたくなります。

「絶対に読まないで下さい」と言われると
何故か、逆に読んでみたくなるものです。

想像してみてください。

のぞき穴があって、その上に
「決してのぞくな」

と書いてあったら、
絶対に気になって、

周りに人がいなければ、
覗いてしまう人もいると思います。

この、禁止されると、かえって人は
それを「したくなる」

という心理効果を
「カリギュラ効果」と言います。

例えばLPのキャッチコピーに
カリギュラ効果を狙ったコピー記載すると

来訪ユーザーは、続きが気になってしまい、
つい、画面を下にスクロールして続きを見てしまいます


「これを知らずにFXをやってはいけない」

「比較しないで、引越し会社を決めてはいけない」

「この商品を買ってはいけません」

等々、LPの一番目立つ個所に記載すると良いと思います。

キャッチコピーの目的は
「注意を引く事」です。

カリギュラ効果を狙ったコピーは
かなり目立ちますので、

最近、効果が薄くなってきたLPのコピーを

「カリギュラ効果」を使ったコピーに変えるだけで、

CVが増える可能性も
大いにあり得ます。

当然、PPCの広告文にも使えるテクです。

カリギュラ効果の語源は、
「カリギュラ」というアメリカ映画だそうです。

あまりにも過激な映画で、
公開禁止になった地域が出た為、

逆に話題になり、見る人が増えた事に
由来しているそうです。

女性はピンとこないかもしれませんが、
週刊誌の「袋とじ」のグラビア写真。

あれも、カリギュラ効果です。
禁止されると、見たくなります。

はは~ん。さてはコイツ、
仕事、手を抜いてるな。

という、部下には
「仕事をするな!」

とカリギュラ効果を狙うのも
良いかもしれません。

<追伸>
束縛が厳しい彼氏(彼女)。
逆効果かもしれません。。

<オススメ>
オススメという事では無いのですが、
本当にそんな映画あったんだ!
という事で、、、
https://goo.gl/YmPvyl

<今日のひとこと>
「NAKAYAMAは、袋とじはハサミ使わないタイプです。」

記事が参考になったり、面白ければ、
クリックお願いします。
http://clap.mag2.com/putrioprow

クリックだけでも嬉しいですが、
フォームもついていますので、
リクエストやご質問等、コメント頂けますと幸いです。

────────────────────
【メルマガ紹介のお願いです】

メルマガ会員募集中です。
ご友人、お取引先様に是非ご紹介頂けますと嬉しいです。
下記URLを送ってください ↓
https://bloominc.jp/nl/
────────────────────