<マネジメントの本質 | 株式会社ブルーム

news ニュース

2016/02/29 月曜日

マネジメントの本質

自宅より

 

 

昨日は、久しぶりに

実家に帰りました。

 

 

特に用事があった訳では

無いのですが、

正月に帰れていなかったので

ようやくの帰省です。

 

 

父は、孫(僕の息子)が可愛くて仕方

無いみたいで、とても喜んでくれました。

 

 

親孝行出来て良かったです。

 

 

さて、今

『新1分間マネジャー部下を成長させる3つの秘訣  』

という本を読んでいます。

 

 

マネージャー職の方で、

 

部下が言う事を聞かない、部下がついてこない。。。

 

取引先が思うような成果を出してくれない・・・

 

 

こんな悩みを抱えているケースは

多いのでは無いでしょうか?

 

 

そんな方に、この本は是非お薦めです。

 

 

マネジメントの「本質」が書いています。

 

 

極論言ってしまうと、

100%他人をマネジメントする事は

出来ないと思います。

 

 

ただ、自分をマネジメントする事は出来るし

自分をマネジメント出来る人にしか、

人はついて来ない。

 

 

つまり、人を動かす時に、一番早いのは

自分の背中で見せる事だと思います。

 

 

自らが成果を上げる事で

みんなが成果を上げたくなる。

そんな、雰囲気を作る事が大切です。

 

 

組織が上手く機能して無い時の

典型な話が、

「トップがやってない」

もしくは、「口だけ」

 

 

と言う事がよくあります。

 

 

逆に上手く行っていない時、

一番即効性がある、解決方法が

「トップが動く事」です。

 

 

やって見せて、言って聞かせる。

 

 

こんな説得力のある、

マネジメントは他に無いと思います。

 

 

これは育児にも共通するような気がしてきました。

人を育てる時はどうしたら良いか?

 

 

「自分が一生懸命やる事」

 

 

実家に帰って、新1分間マネジャー

を読んで、そんな事を思いました。

 

管理職という名を口実にして、

管理する事が自分の仕事だから

「プレイヤーでは無い」と思っていませんか?

 

<追伸>

この本の著者

ケン・ブランチャードは他にもマネジメントの本を

出していますが、面白そう。読んでみます。

 

 

<追伸2>

今日紹介した、新1分間マネジャー部下を成長させる3つの秘訣
はコチラ

http://goo.gl/w5dJKh

 

記事が参考になったり、面白ければ、クリックお願いします。

http://clap.mag2.com/putrioprow

クリックだけでも嬉しいですが、フォームもついていますので、

リクエストやご質問等、何でもコメント頂けますと幸いです。

宜しくお願いします。