<異業種交流会で断トツ1番目立つ方法 | 株式会社ブルーム

news ニュース

2016/01/28 木曜日

異業種交流会で断トツ1番目立つ方法

事務所より

 

 

今朝は6時45分から8時30分まで開催された、異業種交流会に参加してきました。

 

 

その為、メルマガ配信が間に合わず、日中は打ち合わせが続き

ようやく今ゆっくりPCを開いてメルマガ書いています。

 

 

早朝の異業種交流会、と聞いただけでピンと来る方もいるかもしれません。

 

 

そう、BN〇に参加してきました。

BN〇は、起業してすぐに参加して以来ですので、もう4年ぶりぐらいです。

 

 

BN〇は、簡単に言うと、体育会系朝カフェ。

異業種交流会のもっと、ゴリゴリ

としたビジネスバージョンという感じでしょうか。

 

 

知り合いからお誘いを頂き、

最初は断ろうかと思ったのですが、今年の目標は

 

 

「Noと言わない日本人」

というテーマを掲げていたので、

来た球を打ちに行きました。

 

 

行くからには、完全に営業モードで、

「絶対なんか買ってもらおう」

「必ず1契約獲る」

という気持ちで行きました。

 

 

会場ではガン飛ばしまくって

バシっとそこんとこよろしくって感じで。

 

 

BN〇に限らず、交流会には、

数分間プレゼンというか、アピールタイムがある交流会もあるんですよね。

 

 

今朝の集まりは30秒のアピールタイムがありました。

 

 

30人ぐらい来ていたので、

この30人の前ででバシっと

目立つ必要があります。

 

 

ポイントは2点

1.自分の事は、「私」といわず、「オレ」

2.皆様とは言わず、「お前達」

 

 

ただこれだけで、かなり他社と差別化

(USPの確立)ができます。

 

 

オレはNAKAYAMA。(Attention)

早起きして、こんなところで集まって、(Interest)

お前達ははっきり言って、クソだ。(Desire)

でも、そんなお前達がオレは好きだ!

オレの胸に飛び込んで来い!(Action)

 

 

こんな感じでエッジを利かせつつ

ちゃんど、AIDA(アイーダ)の法則に

のっとって話せば、目立つ事間違い無し!

 

 

すいません・・・

冗談です。

 

 

本当の話、ちゃんとアピールしようと思った時は、

「練習」が必要です。

 

 

特に「時間内に喋る」という事がとても重要。

ですので、交流会のような場で、1分間プレゼンがある

と分かっている場合は、前日に必ず時間を計って

限られた時間の中で何を言うか?

まとめておく事が【必須】です。

 

 

実は、以前(7年ぐらい前?)に

スピーチのトレーニングを受けた事があります。

 

 

1分間で話せる文字数は約400文字。

その400文字の中で要点をまとめて、

アピールする練習をするという事が必要。

という事を学びました。

 

 

Googleの営業トレーニングに参加した時も

似たような研修を受けました。

 

 

限られた時間でいかに、上手にアピールをするか?

それは、事前の「練習」によって磨かれる。

という事です。

 

 

逆に練習して行かないと、

ボロボロになります。

 

 

人前で話すとアガっちゃうと言う方にも

事前に練習する事をオススメします。

 

 

緊張するのって自信が無いからだと思います。

逆に練習で完璧に出来ていれば自信も出てきて

緊張せずに堂々と話せると思います。

 

 

ちなみに僕は今朝、

メチャ緊張して頭が真っ白になりました。

結果、ボロボロ・・・

練習しておけば良かった。。。

 

 

<追伸>

僕が7年前に受けたスピーチのトレーニング動画が

Youtubeでまだあります。

髪型が変なんで、お願いだから絶対に見ないで下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=oD9kfNfHOm8

 

 

<追伸2>

もしあなたが
経営者、個人事業主、士業、
将来独立をしたいと考えている方であれば

ジェイの話は必ず聞いておいて下さい。

「上手く行く方法」がわかります。

 

 

http://directlink.jp/tracking/af/1406224/judGW7Jd-buUG6ZHd/

 

 

 

 

記事が参考になったり、面白ければ、クリックお願いします。

http://clap.mag2.com/putrioprow

 

クリックだけでも嬉しいですが、フォームもついていますので、

リクエストやご質問等、何でもコメント頂けますと幸いです。

宜しくお願いします。