<夜の校舎窓ガラス壊して回った理由 | 株式会社ブルーム

news ニュース

2016/01/27 水曜日

夜の校舎窓ガラス壊して回った理由

無料・1日60秒 あなたのビジネスを咲かす!

ブルームニュースレター【ザ・ベネフィット】

From仲山

事務所より

 

 

メルマガなんて読まれない。

 

 

メルマガは開封率が悪いから

やらない。

 

 

そんな声を何度か聞いたことがあります。

 

 

メルマガと言えば、代表的なのが「楽〇」

(野球球団持っている赤いネット通販の会社)

のメルマガ

 

 

そもそも読みたいとも思っていないに

送られてきて、しかも内容がちっとも

面白く無い。

 

 

そんな楽〇のメルマガの印象が強いようで

メルマガなんかやっても読まれないから

意味が無い。

 

 

そんな風に思っている方が

いるように感じます。

 

 

はたしてそうでしょうか?

 

 

確かに楽〇のメルマガは面白く無です。

(大分マシになってきたけど)

 

 

ただ、面白くする工夫があれば

開封率は上がります。

 

 

開封率が低いのは、

メールのタイトルが悪いからです。

 

 

タイトルは非常に重要です。

沢山の人に読んでもらえるか、無視されてしまうのか?

の分岐点になります。

 

 

折角時間をかけてメルマガを書いても無視されてしまっては

意味がありません。

 

 

では、具体的に読まれるタイトルとは

どんなタイトルなのか?

「あなただけ」に特別に【解説付き】でご案内したいと思います。

 

 

1.ストーリーを感じさせる

例 朝4時に起きて号泣した理由とは、、、

解説:何か興味深そうな話がはじまるのかな?

続き(本文)を読んでみたいなと思わせる必要があります。

最後の、、、がポイント。

 

 

2.相手の名前を入れる

例 確認!仲山ですが、山田様で間違いないですか?

【解説】山田様個所は相手の名前を入れます

え?仲山って誰だっけ?でも自分の名前呼ばれてるし、何だろうと思って本文を読ませる事がポイントです。

 

 

3.緊急性をアピール

例:【緊急】残り5分で終了します。

解説:何か分かりませんが、気になりますよね。

 

 

4.共感をアピール

例:満員電車で新聞が頭に触れて怒りそうになった事ありませんか?

解説:わかる、わかるぞ~という「共感」を訴求して

本文にへ導く手法です。

 

 

5.恐怖をアピール

例:あなたに悪い人が近付いています。

解説:「フィアアピール」と言う手法です。

え?うそ?止めてよっと思いながら

解決方法を求めて、つい読んでしまいます。

 

 

 

頭のいいあなたは、お気づきかもしれません。

そう、以上の読まれるタイトル5つ全部を

合わせると、最強のタイトルが出来上がるのでは?

試してみましょう。

 

 

【緊急!】山田様、満員電車で悪い人があなたに近づいています、、、

 

 

 スミマセン。。。上手く行きませんでした。

何でもミックスさせればいいと言うものでは無いですね。

 

注意点としては、本文の内容とあまりに離れてしまっていると、読者に誇大広告と思われたり、

意味の分からない内容になってしまったりします。

 

 

メルマガのタイトルを変えるだけで、

開封率が劇的に変わりますので、

是非、参考にして頂ければと思います。

 

 

<オススメ>

【残席3名!】Facebookのみで30名セミナーを満席にした方法【早期割引1月27日まで】
2016年2月3日19:00 – 21:00
渋谷クロスタワー 32F
https://www.facebook.com/events/446975598830165/

 

<追伸>

この問題を解決できますか?

もしあなたがコンサルタントで
クライアントからこのような相談を受けたら
どんなコンサルティングをしますか?

「最近、会社を合併させたのですが
 両方が独自のブランドを持っています。

 それぞれのブランドを
 育てたほうがいいのか…。

 それとも、合わせて新しいブランドを
 作ったほうがいいのか…。

 どうしたらいいでしょうか?」

その答えはこちら。
→ http://directlink.jp/tracking/af/1406224/bXJNZ2CY-buUG6ZHd/

これは実際に、ある経営者がセミナーでした質問です。

そのセミナーの講師の一人は
フォーブズ、ニューヨークタイムスといった
世界的なメディアから「全米No.1」と評価されたとあるマーケッター。

そしてもう一人は
元アメリカ大統領「ビル・クリントン」
世界的テニスプレーヤー「アンドレ・アガシ」
などをコーチングしてきた世界No.1コーチです。

この二人は先ほどの質問に対してどのような答えをしたのか…?

気になる方は今すぐこちらをクリックしてください。
今なら無料でその答えを知ることができます。
http://directlink.jp/tracking/af/1406224/bXJNZ2CY-buUG6ZHd/