<煩悩の数え方 | 株式会社ブルーム

news ニュース

2016/01/01 金曜日

煩悩の数え方

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ、宜しくお願い致します。
 
 
結構仕事のメールや電話を頂けるので、
仕事をしている人が多い感じがしますが、
いかがお過ごしでしょうか?
 
 
僕は独身の時は、友人と3泊4日で釣りに行くのが
正月の恒例行事でした。
 
 
千葉の勝浦や三浦半島で夜中に開始して、
初日の出を見ると言うのを5年ぐらいやっていました。
 
 
気温0度極寒の中、体力の限界の中、
夜空に見える綺麗な星は、とてもスピリチュアルで、
自分を見つめ直す
とても良い時間でした。
(ほとんどバカです)
 
 
結婚してからは、家族の行事優先で、
釣りに行くのは止めてしまいました。
 
 
今年は、嫁さんのお母さんが、
秋田から遊びにきてくれたので、
とことんカバン持ち、接待モードに入っています。
 
 
秋田のお母さんは、美容室を経営しているので、
僕から見ると人生の先輩で、
経営者の先輩でもあります。
 
 
結婚してからの正月は、お母さんから
有難いお説教を頂き、
1年がスタートするという
縁起の良い?行事があります。
(ただ飲んでいるだけ)
 
 
僕は、起業した年に結婚しているので、
冷静に考えると、奥さんのお母さん、
よく結婚を許してくれたなぁ
とシミジミ思います。
 
 
拭けば飛ぶ、落ち葉の様な会社の
当時はマンションの1室で1人で
やっていた男と結婚を許す。
 
 
僕が逆の立場だったら、
結婚許すかな?
 
 
何にしても、嫁さんのお母さんを
尊敬できると言う事は素晴らしいと
思いますので、
 
 
東京に来ている間は、
とことんお母さんサービスしようと
思います。
 
 
あなたはどんな正月を過ごしますか?
大体のビジネスマンは、
 
 
仕事の事が頭の片隅にありつつも
結局、家族サービスや彼女サービス
または、自分サービスに時間を
割いてしまい、
 
 
当初予定していた半分の仕事も
こなせないのではないでしょうか?
(僕もそうです。)
 
 
それなら、いっその事、
とことん、「仕事から離れる」
というのも、良い選択だと思います。
 
 
中途半端が一番良くないです。
やるなら、正月返上でとことんやる。
やらないなら、一切やらない。
 
 
ON/OFFのスイッチを
上手に使わないと、
福の神もロックの神も
やって来ないとNAKAYAMAは思うぜ!
 
 
と言う事で、
今初詣に行って、帰宅してメルマガ書いています。
 
 
僕の前に並んでいたのは
マイク真木。
 
 
おみくじは「吉」でしたが
とても良い事が書いていました。
 
 
新年早々、今年は何か起こりそうな予感がします。
 
 
2016年もどうぞ、宜しくお願い致します。
 

 
<追伸>
除夜の鐘が108回というの煩悩の数
だけつくというのは有名な話ですが、
108回の数え方は知っていますか?
 
実は、カチカチってするカウンター
(交通量調査などで使う、金属製のアレ)
で数えているお寺もあるそうです。
 
 
108回数えて無くて、”適当”についている
所もあるそうです。
 
 
記事が参考になったり、面白ければ、クリックお願いします。
http://clap.mag2.com/putrioprow

クリックだけでも嬉しいですが、フォームもついていますので、
リクエストやご質問等、何でもコメント頂けますと幸いです。
宜しくお願いします。