<まさかリスティング広告で〇〇が出来るなんて・・・ | 株式会社ブルーム

news ニュース

2015/12/04 金曜日

まさかリスティング広告で〇〇が出来るなんて・・・

最近、LPを作らせて頂いたお客様から、
嬉しいメールを頂いた。
 
 
内容は、そのLPが効果が良かったとの事で、
わざわざ、喜びの「御礼メール」をくれたのだ。
 
 
こんな嬉しい話は無い。営業冥利に尽きると思って
頂いたメールを読み進めると、最初は「仲山さん、ご報告です」
から始まっていたが、途中から何故か、、、
 
 
「竹山さん」になっていた。(カンニング?)
その後は、「竹山さん」のアドバイスのお蔭です。
「竹山さん」、有難うございました。
と、最後までずっと竹山さんだった。
 
 
LPが上手く行って、メールを頂けて
とても嬉しかったのだが、
何故、バンブーが出て来たのか分からず、
イマイチ感情移入できなかった。(嬉しいけどね)
 
 
たった一文字間違えただけの話なのだが、
おばちゃんと、おばあちゃんは全然違うのだ。
 
 
名前を間違えたと言えば、
今日は親友の小別さんと、日本で一番美味いと思っている
新橋の焼き鳥屋「地鶏屋」で食事をした。
http://www.touchan-nikki.tokyo/entry/jidoriya
 
 
小別さんは同い歳の経営者。
初めて会ったのは、5年前。
 
 
当時、新たな取引先をネットで検索していたら
「おっ!?」
良さそうな会社を発見。

リスティング広告をクリックしたのだが、
 
その広告を出していたのが
小別さんだ。
 
 
色々な会社がリスティング広告をだしている中で
何故か、その広告には不思議なオーラと
パッションを感じて、思わずクリック。
 
 
Webサイトも良い感じだ。
電話をかけてみると、対応してくれたのが
小別さんだ。
(後にマブダチになるとは・・・)
 
 
僕は、昔から今も電話対応に関してだけは
メチャうるさい。
 
 
そんな僕が、一発で「会いたい」と
思ったのだ。
 
 
特別に電話対応が上手いとか
過剰に親切だったという事は無い。
 
 
普通に丁寧な電話だったのだが、
「多分この会社、良い方だろうな」
という直感を感じて、
荻窪に会いに行った。
 
 
会ってみると、予感的中。
同じ歳と言う事もわかり、
本題の仕事の話の他にも
 
 
起業の経緯や、
プライベートな事等を話して、
盛り上がった。
 
 
すると、彼が
ところで、「渡辺さんって誰ですか?」
と聞いてきた。
 
 
なんと、僕は小別さんの事を
ずっと、「渡辺さん」と呼んでいたのだ。
(なんて失礼な、、、)
 
 
渡辺さんと言うのは、僕のマブダチで
小別さんは、雰囲気がその渡辺さんととても
似ていたのだ。
 
 
外見は全然似ていないのに、
そんな間違いをするなんて・・・
僕は当然、平謝りした。
 
 
その後、何度も小別さんと一緒に仕事をして
かれこれ5年。
 
 
仕事だけでは無くて、
一緒のサッカーチームでプレイしたり、
普通に食事したり、
結婚式では受付までやってもらった。
(もう一人の受付は渡辺さん)
 
 
リスティング広告をクリックして、
マブダチになるという、かなりレアなケースだ。
人生何が起こるか、本当にわからない。
 
 
もしかしたら、今日たまたま営業に来た人が、
親友になるかもしれない。
異性の場合は、彼氏彼女になるかもしれない。
 
 
くれぐれも、名前だけは間違えないようにしないといけない。
 
 
P.S.小別さんは普段はリスティング広告は
出していなかったらしい。
その時はGoogleの無料チケットがあったから
試しに使ってみたらしい。

つまり、常に広告を出していた訳では無くて、
たまたま出した広告を僕がクリックしたのだ、
凄い確率…
 
 
小別さんのサービスはコチラ
http://www.potlatch-web.com/
 
 
もの凄く為になるので、FBを「いいね」しておくとよい。
https://www.facebook.com/potlatch358/
 
 

記事が参考になったり、面白ければ、クリックお願いします。
http://clap.mag2.com/putrioprow

クリックだけでも嬉しいですが、フォームもついていますので、
リクエストやご質問等、何でもコメント頂けますと幸いです。
宜しくお願いします。