<もう我慢の限界です。 | 株式会社ブルーム

news ニュース

2015/11/27 金曜日

もう我慢の限界です。

 

 

まずはこのポスターを見て欲しい


いきなり、なんだ?
おかか盗難?

これは、日本橋にある「鰹節問屋」が直営している
「そばよし」という蕎麦屋に貼ってあるポスターだ。

このお店では、ごはんを頼むと、
小さいボトルに入れられた
「削りがつおのふりかけ」がついてくる。

 

 

この「粉のかつお」をごはんにふりかけて食べる
のが、ナウでヤングなのだ。

ただの「ふりかけやん。」と思ったら大間違い。
さすが、鰹節問屋「直営店」。
ご飯に振りかけた削りガツオの風味がハンパ無い。

これに、醤油をかけたら、ご飯の甘さが
一気に何倍にも膨らみ
とてもジューシーな味わいになるのだ。

卵ご飯にかける事もできる。
これは想像しただけでも、
Feel so Happyだ。

そんなに美味しい「ふりかけ」が入った
ボトルが、頻繁に「盗難」にあっていたらしい。

最初は、「ふりかけなんか盗む奴、最低な野郎だ。」
と思っていたが、実際にふりかけご飯を食べた後、

「これを持って帰ったら、お母ちゃん喜ぶだろうなぁ」
と良からぬ事を想像してしまった。
(当然、ちゃんと返却しました)

そんな、「そばよし」は

科学調味料を一切使用しない「つゆ」も自慢だ。

僕はもう、10回ぐらい通っているが

透き通るような透明感のあるスープ。
サッパリしているようで濃厚な味わい。
本当に美味しいのだ。

個人的におススメは「かきあげそば」390円
出来たてのかき揚げが、サクサクしている。

そして、そのサクサクが透明なスープと交わり
濃厚でジュースゥイーな食感へと変わる。
最高だ。

かきあげ?不純でしょ。
せっかくつゆが上手いなら、蕎麦だけで食べたい!
そんなあなたには、

「盛り蕎麦」がおすすめだ
そば2枚盛りで470円

 

全メニューに共通するのだが、値段もとってもリーズナブル。

一例として、
もり・かけ 270円
セットメニュー 470円

うどんもある。このうどんは平打ち麺で
個人的には蕎麦以上に美味いと思っている。

 

カレーもある。蕎麦屋のカレーはやはり。美味い。

座席数は13席。

立ち食いでは無くて、
座高の高い椅子に着席して食べるスタイル。
常に満席だ。

蕎麦屋と言えば、男性客が多いイメージだが、
このお店は女性も多い。
一人で食べに来ているようだ。

おそらく、「1人だと入りずらい」
という気持ちもすっ飛ぶ程、「美味い」という事だろう。

お昼時は長蛇の列が出来ている。

いつも14時~15時ぐらいに行くと、
その時間でも時々、
店の外に数人待っていて、
5分ぐらい待つことがある。

さらに店内に入っても
店内にも5人ぐらいの列が
出来ている人気っぷりだ。

店員さんは、6人~7人ぐらい。
小さい店舗にしては、多い人数だと思う。
後から後からお客さんが来るので
所狭しと、大忙しな感じだ。

ネームプレートを胸につけていて
一番元気なおばちゃんの名前をみたら
「女将 山〇」と書いていた。

この人がボスだ。
とても的確な指示がバシバシ飛んでいて
麺を扱う手さばき、活気のある厨房、
並んでいる時に待たされている感が
無いほど、見ていて爽快だ。

営業時間は朝7時半~夜8時まで

定休日は土日祝祭日
最寄駅は、三越前で、京橋店もあるようだ。

三越前店

平日に三越前、京橋方面へ行く方、
ランチタイムを少しずらして、
是非行って頂きたい。

僕はオヤツに食べて、
最高にハイな状態で商談へ行く。
そして、大体良い話になる。
という、縁起のいい店でもある。

さあ、あなたも「そばよし」で
かつお節をごはんにかけよう。
胃も商談もFeel so Happyだ。

 

P.S ちゃんとアンケートも取っている。

実力におごる事無く、常に「お客の声」に
耳を傾ける姿勢は素晴らしい 。

アンケート