<立地最悪、看板も出さないお店が流行る理由 | 株式会社ブルーム

news ニュース

2018/06/30 土曜日

立地最悪、看板も出さないお店が流行る理由

自宅より

今日はNAKAYAMA主催の「毎月恒例赤中サッカー」でした。

 

Wカップ効果で、30名以上の選手が来てくれました。

毎回、特に集客はしてませんが、今回も開催の告知をFBとメールで案内しただけです。

 

成功したのは集客だけではありません。

 

僕は「5ゴール」をあげる活躍でした。

調子が良い時ってありますよね。

なんか身体がキレてるというか「ノッてる」感覚です。

 

長男も応援に来ていたのですが、

 

全然、サッカーは観ていません。 折角(めずらしく)活躍したのに・・・

 

カミさんに電話して、

「ボールをトラップした瞬間にゴールまでの光のラインが見えたんだよね」

と報告。

 

カミさん「掃除機かけてるから、聞こえない」

 

・・・

 

カミさんは自分のフィールドで闘っています。

 

さて、今日は集客についてです。

 

赤中サッカーが集客に困らない理由は2つあると思っています。

 

1つは、「無料」です。

 

こんな強烈なオファーは無いと思います。

 

次に、単純に「楽しい」と言う事です。

 

これは、僕が何かをやっているわけでは無くて、逆に「何もしていません」

 

手を使わない。

 
というルール以外は、

 

まったく口出ししないので、

選手達が自由に楽しくいきいきプレイします。

 

流行っている飲食店と似ているような気がします。

 

沢山のお客さんが、楽しそうに食事していて、キビキビ応対する、スタッフ。

この雰囲気で、「良いお店」とか

「また行きたい」と思う事が多い用に思います。

つまり、お店はお客さんが作る。と言う事です。

 

カンブリア宮殿に株式会社ベイシックスさんという

 

飲食店9店舗を経営する会社さんが出ていました。

この9店舗がとても流行っているのですが、流行っている理由の一つに

 

「集客をしない」

 

という事があるそうです。

 

具体的には、

・悪い立地で

・看板も出さない

そうです。

 

その理由は、

 

①他社の逆を行く

②従業員が考える

 

と言う事だそうです。

 

②は、立地も良くて、看板も出ているような(恵まれた)環境では、従業員が育たないそうです。

 

苦境の中で、自分たちで出来る事を探す事で、お店の底力をつける。と言う事が狙いです。

 

株式会社ベイシックスの社長さんは、

「大手飲食店の従業員に負ける気がしない。」

 

と言っていました。

 

少しでも良い人材が欲しい。

 

これは、どの企業も想う事だと思いますが、

 

本質的には、

 

いっしょに良い人材になる。

という発想の方が良いかもしれません。

 

<P.S.>

夜寝ようとして、目を閉じると、ゴールの興奮がよみがえります。

 

NAKAYAMA「ボールをトラップした瞬間にゴールまでの光のラインが見えたんだよね」

 

もう一度カミさんに報告です。

 

NAKAYAMA「この光のラインを、これをゴールデンラインと呼んでてさ、 このラインに合わせてボールを蹴るだけで、
あら、不思議。ゴールネットが激しく揺れるんだよ。」

 

カミさん「・・・」

 

寝ているようです。

 

<おすすめ>

今度行ってみたいと思います!

https://teyandei.com/

 

<今日のひとこと>

ゴールデンライン!
 
 

記事が参考になったり、面白ければ、
クリックお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓

http://clap.mag2.com/putrioprow

↑↑↑↑↑↑↑↑

クリックだけでも嬉しいですが、
フォームもついていますので、
リクエストやご質問等、コメント頂けますと幸いです。

 

────────────────────

【メルマガ紹介のお願いです】

メルマガ会員募集中です。
ご友人、お取引先様に是非ご紹介頂けますと嬉しいです。
下記URLをお送り頂ければと思います。

↓↓↓↓↓↓↓↓

ブルームニュースレター【ザ・ベネフィット】

────────────────────

読んで頂きまして、有難うございました。